1TBのハードディスク

c0047906_16502069.jpg ビデオ記録の中心がテープからカードにシフトしたので、今年から動画の保存はテープをやめてデジタルデータとすることにした。保存は容量の大きなメディアのBlu-rayディスクとなるが、それ以上に大きいのはハードディスク(HDD)だ。

 HDDだと検索が楽で一番使い勝手がよい。そこで春に500GBの外付けHDDを特売の16,000円で買った。これに作品だけでなくカメラで記録した素材も保存することにした。当分これで大丈夫と思っていたが、半年も過ぎると残り僅かとなった。

 年末に以前買ったことのあるネットショップからメールが届いた。なんと1TB(テラバイト・1000GB)のHDDが送料・代引き手数料すべて込みで10,980円とある。1TBなんていうと数年前では考えられない大容量だ。それがこんな値段なら欲しいと飛びついた。

 それにしてもメモリーとともに、すごいスピードで高容量・低価格が進行している。ユーザーにとっては嬉しいことだ。思わぬ自分へのクリスマスプレゼントとなった。

 メモリーと 共にスピード 高容量 低価格うれし きょうクリスマス
                       引地貞子(那智勝浦町)
[PR]
by ja3cf | 2008-12-25 18:43 | ちょっと聞いて
<< プレミア・プロCS4を使う オジロビタキ >>