HDR-XR500Vをテストする

c0047906_22591967.jpg この前発表があったソニーのハイビジョンカメラHDR-XR500Vがすごく気になっていた。週末の家電量販店の新聞折り込みチラシに発売と載っている。早速その現品を手にとって確かめたくて出かけた。

 大きさはいま使っているHDR-HC3とほとんど変わらない。最初に確かめたのは手ぶれ補正のアクティブモードだ。いままでの10倍ぶれないというだけあって確かに安定している。ズームアップしてもあまりぐらぐらしない、これはすごい!

 このカメラの気になった点はいくつかある。

 GPS搭載
  野鳥撮影だと、クローズアップの画面が多く、どこで撮ったのかわからな
  い。できるだけ整理しているが、けっこう手間がかかる。GPS表示がある
  と、すごく便利だ。
 虹彩絞り
  小型カメラで初めて虹彩絞りが採用された。いままで使っているカメラは
  すべて2枚羽根なのでボケが菱形になって見苦しい。6枚羽根だとそれが
  円形になって高級カメラ並みの描写ができるのだ。
 感度アップ
  裏面照射技術を採用して、いままでの2倍感度が上がったとのことだ。
  これは暗い場面の撮影には魅力だ。
 強力手ぶれ補正
  旅ビデオだと三脚を使っての撮影ができないことが多い。この手ぶれ補正
  だと肩載せカメラの画面と間違うほどだ。

 これらについて詳しく知りたい人はソニーのWebを見てもらおう。

 すっかり気に入ってカメラをいじっていると店員が来た。駄目もとで交渉すると、けっこう下がってきた。最終では、5年保証付きで100K円を切った値段になった。それもカードOKだとのことでとうとう買ってしまった。

 早速、テストに市内の神社へ行く。GPSが正常に動いていることが確認できた。境内にビラカンサがたわわに実っている。それにメジロが来ていたので手持ちで撮影した。結構安定した画面が撮れたのでそれをお見せしよう。



レベルアップの カメラ携え 来し神社 ビラカンサ華やぎ メジロ飛び交う
                         引地貞子(那智勝浦町)
[PR]
by ja3cf | 2009-02-16 23:39 | ハイビジョン撮影
<< HDR-XR500Vはビデスコ... 再度・ルリビタキ♂ >>