コンパクトなHDカメラ Lumix FT1

c0047906_811277.jpg 気軽に携帯できるカメラとして長らくソニーの Cyber-shot DSC-T7を使っていた。電池が古くなって使えなくなったのを機会に新しいのを探していた。最近のカメラは静止画と動画の区別がなくなり、デジカメでも高画質の動画撮影ができるようになった。

 小型軽量で高画質動画撮影可能という条件で探しているとソニーのDSC-T900パナソニックのFT1が発売された。いずれもコンパクトデジカメながら720Pのハイビジョン動画が撮影可能となっている。ソニーの方が手持ちのメモリースティックが使えるし、液晶画面が3.5と大きいのが魅力だ。

 かなり迷ったが実際に買ったのは、FT1となった。作りが頑丈で、3mまでの水中撮影が可能だということが決め手となった。以前に撮影途中で川に落としたことがあった。幸い長期乾燥で再度使用できたが、防水カメラは安心だ。乱暴な扱いにもってこいのカメラで、常時セカンドバックに入れて持ち歩きができる。

 新しいハイビジョン規格AVCHD Liteを採用しているが、Edius Neoで編集はできた。ただ、ソニーの画像管理ソフトPMBではビューが出るが、再生はできなかった。ともかく、こんな小型カメラでハイビジョン撮影ができるようになったのはすごいことだ。

  ハイビジョン 撮影可能の 超小型 カメラ持参の 探鳥日待つ
                     引地貞子(那智勝浦町)
[PR]
by ja3cf | 2009-04-04 08:59 | ハイビジョン撮影
<< 気になるHS300の機能 ヒレンジャクをYouTubeへ >>