マレーシア旅行 (5)

 今日はマレーシア滞在の最終日。自由行動なので、無料のオプションツワーをキャンセルして探鳥することにした。車をチャーターして島の北西にある森林公園へ行く。ここで午前中がんばったがたいした収穫なし。

 午後は場所を植物園へ移す。入り口そばに鮮やかな花が咲いている。「これにタイヨウチョウが来る」というねらいはぴったり。待つことしばし、チャノドコバシタイヨウチョウがやってきた。この鳥は2年前に撮影できなかった鳥で、やっと会うことができた。背中は金属光沢があり、喉は茶色で腹は黄色のきれいな鳥で、花によく似合う。

 一眼レフカメラの友人たちが盛んにシャッターを切っている。こちらも負けずにビデオカメラで追っかけるが、なかなかじっとしてくれない。携帯三脚なので画面の移動は思うように動かない。それでも少しは撮影できたのでお見せしよう。特に最後の場面はイナバウワーしているのでよく見てね。



 夜7時半、ペナン空港からいよいよ帰国だ。クアラルンプールで乗り継ぎ、翌日の朝7時関空へ到着した。今回は観光ツワーだったが中身が濃く、それなりに野鳥撮影もできて快適な旅となった。仲間の集計では、30種類の野鳥を撮影できたとのこと。別の野鳥は後日紹介することにしよう。

 漆黒の 背に紫の色光り チャノドコバシタイヨウチョウ 腹の黄鮮やぐ
 赤き花に 縋る野鳥の 2年ぶり マレーシアの旅 最終日となる
 花の蜜 吸えばたちまち イナバウアー 揺れる紅花に 縋りしままに

                        引地貞子(那智勝浦町)
[PR]
by ja3cf | 2009-09-29 16:45 | マレーシアの野鳥日記
<< 中秋の名月 マレーシア旅行 (4) >>