HDCPの不便なこと

 デジタル放送になって、テレビ録画がすごくやっかいになった。アナログ放送と違いデジタルでは録画した画質のままで何度でもコピーができる。そのため著作権保護機能がすごく強力になっているのだ。すべての機器がHDCP対応でなければ使用できなくなっている。現在使用しているパソコンはハイジョン編集用なので、総合パフォーマンスは最高値の5.9になっている。

 このマシンでブルーレイの録画再生をしたいとBDドライブを取り付けた。ドライブはIOデータの8倍速の内蔵品で、DVDドライブを取り外して交換した。ついでに再生ソフトも最新の「CyberLink PowerDVD 9 Ultraバージョン」を購入した。このシステムでBDレコーダーで作成したAVCRECのDVDを再生してみたら絵が出てこない。
c0047906_17202157.jpg
 「ウッ!何で?」と、今度はブルーレイのテレビ録画したディスクを再生してみてもやっぱり同じで最初の数秒で終了する。検証ソフトを走らせてみてやっとわかった。使っているディスプレーがHDCPに対応していないためだと。古いディスプレーではないのでまったく気にしていなかったが、ここまでチェックしているとは・・・。考えてみたらここへもデジタル信号が出ているので、厳しくチェックしているのだ。

 試みにHDCP対応のディスプレーを借りてきてテストしたらバッチリだ。現用品はまだ古くないので買い換えるのもしゃくだ。しばらくはパソコンでテレビ録画を見るのは我慢することにしよう。
[PR]
by ja3cf | 2009-11-09 02:57 | ハイビジョン撮影
<< 削除したファイルの復活 マレーシアのアゲハチョウ >>