和歌浦のクロツラヘラサギ

 2010年3月21日、今日は朝から黄砂で視界が悪い。しかし、和歌浦にクロツラヘラサギが来ているとなると、やっぱり気になり撮影に行った。いた!、距離は200mで風も強く、ビデスコ撮影は厳しい環境だが、何とか撮影ができた。
c0047906_10165986.jpg
 世界的に数が少なく、絶滅の危険性が極めて高いとされる絶滅危惧ⅠA類に指定されている。この鳥の採食は独特で、大きなくちばしを水につけて左右に振りながら前進する姿を動画で見てもらおう。

 和歌浦は万葉集にも読まれている野鳥の名所なのだが、ここ数年は広いエリアに全く野鳥が見られない寂しい状況だった。しかし、今年は海草も育ち、野鳥も戻ってきた。



 はるばると 飛び来し黄砂の 和歌浦に クロツラヘラサギの 白さ際立つ
 ここ数年 野鳥見られぬ 和歌浦に ヘラサギ飛来 豊けき海藻
 絶滅危惧に 指定されたる ヘラサギの 和歌浦に飛来 さざ波に立つ
 海水を 混ぜるが如き くちばしを 左右に振りて 餌を食むヘラサギは
 世界の鳥 12パーセント 絶滅危惧 村の空飛ぶ 鳶を見て立つ

                         引地貞子(那智勝浦町)
[PR]
by ja3cf | 2010-03-21 16:56 | サギ科
<< コゲラの鳴き声 ナベヅルの飛翔 ③ >>