ノートPCを買ってしまった

 ノートPCを自宅外でネットにつなぎたい。それには使っているノートPCに通信端末をつけるか、それとも新しいPCにするかずいぶん迷った。結局、新しいノートを買ってしまった。その理由のひとつに、いま使っているのは古くてOffice 2003しか搭載していないことがある。

 関係している団体(新老人の会和歌山支部)のパソコンサークルのお世話をすることになった。そのサークルでは、かなり進んでいる人からこれから始める人ととりどりで、基本的には個人レッスンをすることにした。それにメンバーの持っているノートPCは、Windows XPからWindows 7まである。ソフトもOffice 2007になるとメニュー形式が大きく変更しているので、さっぱりわからなかった。

 ということでこの際新しいノートPCを物色することにした。そこで選んだのがソニーのVAIO VPCS119FJ/Bだった。その理由は、

 1.データ通信端末WiMAXが内蔵していること
 2.Windows 7の64ビットが搭載している
 3.Office Personal 2007がプレインストールされている
 4.液晶が13.3型のワイドで重量が2kgである
 5.ビデオカメラとマイクが内蔵されている
 6.DVDスーパーマルチドライブが搭載している
 7.ハードディスクが500GBもある
 8.HDMI端子が搭載している

 これだといま必要なことがすべて満たせるとわかった。外出先からネット接続できるだけでなく、Skypeでテレビ電話もできる。Office 2007も使えるし、近く発売されるOffice 2010にもバージョンアップできるのだ。

c0047906_23453220.jpg そうと決まればネットで価格を調べて注文したら、翌日に届いた。このような仕様で10万円以下で買えるのはほんとに嬉しいことだ。早速、気になっていることを実行した。ハイビジョンの編集ができるかどうかだ。Edius Neo 2 Boosterをインストールする。フルハイビジョンのファイルを載せてネイティーブ編集をしてみた。簡単な編集ならスムースに動くことがわかった。

 新しいOSも載っていることだし、当分はこれで楽しめそうだ。 
[PR]
by ja3cf | 2010-06-02 23:04 | ちょっと聞いて
<< ミソサザイとアカショウビン UQ WiMAX をテストする >>