新ジッツォ雲台を試す

 ビデスコを始めて6年が過ぎた。この間いくつの三脚や雲台を変えただろうか。特に雲台は不満で、ビデスコの最高160倍の超望遠でぴったりと狙った位置で止めることができなかった。もちろん、プロの使っている頑丈な三脚だと簡単に実現できるのだろうが、軽くて小さいのが欲しいのだ。c0047906_22211673.jpg
 この度,GITZOから「バードウォッチング用に設計された2ウェイフルード雲台」といううたい文句で発売されたのが気になり、早速2種類あるが小さい方のGH1720QRを購入した。すぐに届いたのを開包してその小ささと軽さにびっくり。果たしてこれで最大加重4kgに耐えられるのだろうかと。

 三脚に取り付けてテストしてみた。「うん、これはいける!」という感触だ。大型のノブをゆるめることで、パン・チルトが軽く動き、しめることで両方のロックができる。これは気持ちよく決まるのだ。その動きがすっかり気に入ってしまった。しかし、欠点もあるのでそれを承知ならおすすめだ。
 1.レベラーが付いていない
   三脚に付いている場合は問題がないが・・・。
 2.プレートが小さくて固定
   カメラの重心を取るためにプレートを移動したいときはもう一つ上の
   GH2720QRか、マンフロットのロングプレートがお勧め。(写真参考)
 3.ハンドルは小さくて固定している
   仰角の高いときにハンドルの向きを変えたい。変更はできるのだが
   ドライバーかコインで回す必要がある。HDV701のハンドルと取り替え
   て使っている。
c0047906_2342279.jpg
 ネットを見たら近くGH1720FQRが発売とある。これはグリーンカラーとなっているが性能には差がないようだ。詳しくはGITZOのWebを見て。
[PR]
by ja3cf | 2010-11-04 23:06 | ビデスコについて
<< 色鮮やかなキビタキ♂ 高倍率GH350をテストする >>