オオジュリン

 今日の久米田池愛鳥会の探鳥会で撮影できたオオジュリン。枯れ草の中に入るのだが、なかなか上に出てこない。待つこと1時間半、やっと数羽が上がって私たちにサービスをしてくれた。図鑑によればオスの夏羽は、頭全体が黒く色も濃いそうだが、いまはこのように地味な色だ。

 この撮影で初めてGITZOの雲台GH1720QRを使った。バードウォッチング用というだけあって、なかなか動きが軽快だ。スローでは粘りがあり、高速ではスーと動くというのは本当だ。使い込めば結構満足できそうだ。
c0047906_9545894.jpg



  枯れ草に 潜れば待つこと 九〇分 オオジュリン漸く 姿現す
  つぶらなる 黒き目縞がらの オオジュリン
                  草の穂に縋る 風に揺れつつ
  新調の 雲台の動き 軽快に スローも高速も 撮影たのし

                     引地貞子(那智勝浦町)
[PR]
by ja3cf | 2010-11-14 15:40 | ホオジロ科
<< 初めての出会い マヒワ 色鮮やかなキビタキ♂ >>