今年もヒレンジャクが来た

 大阪地区にレンジャクが来ているという情報で、毎年飛来する近くの公園へ出かけた。待つこと1時間。やっととらえることができた。10数羽の集団で、すべてヒレンジャクのようだ。一カ所に数分しかとどまらずすぐに移動した。この公園は、好物のヤドリギの実がなっており、それをつついていた。
c0047906_10244873.jpg
 毎年同じ場所で観察していると、ヤドリギの変化もわかってきた。昨年大きな樹木に宿っていたヤドリギが枯れて、代わりに近くの木に大きな玉となって茂っている。1年でこんなに変化するとは驚きだ。「ヒィーヒィ」と聞こえるのはヒレンジャク鳴き声で、移動するときもこの声が先に聞こえてくる。



 ハイビジョンで動画を見るとき、情報量が多いので動かなくなることが多い。こんな時は、一時停止にして、薄赤いバーが最後まで伸びるのを待ってから再生するとスムースに表示する。

 ヒレンジャク 十数羽の群れ 好物の ヤドリギの実を つつく大木に
 青空を バックに映る ヒレンジャク 風に揺れつつ 羽繕いする
 ざわざわと 騒音の中 ヒレンジャクの 声ピーピー と青空に透る
 昨年(こぞ)の冬 実を結びいし ヤドリギは 枯れて近くの 大木に茂る
 何時見ても 冠羽いさまし ヒレンジャク 木枯らしの吹く 枝を飛び交う

                         引地貞子(那智勝浦町)
[PR]
by ja3cf | 2011-01-15 10:32 | レンジャク科
<< Windows Vista との決別 ベニマシコ >>