TSN-VA2のテスト

 KOWAからスコープ用PHOTO&VIDEOアダプターTSN-VA2が発売になった。早速それを購入して現在使用しているTSN-VA1とどう違うのか簡単な実験をした。
c0047906_7283970.jpg
 これは同じ条件でDVビデオカメラNV-GS400Kを接続してオートでカメラの倍率を変更したテスト。VA1は2.5倍付近からケラレがなくなるが、VA2では4倍付近までケラレが出ている。高倍率の周辺減光は、明らかにVA2では改善されているのがわかる。両方のアダプターともスライドできるようになっている。ここではVA1でもっとも周辺減光の少ない縮めた位置にVA2もセットして実験した。 

 アダプターの倍率はVA1の8倍に対して、VA2は12倍(TSN-664使用の場合)となっているので、望遠側へ大幅に広がった。その反対に4倍以下ではケラレが出ている。アダプターを最大位置まで延ばすと、2.5倍付近でケラレがなくなるが、VA1ほどワイドではない。

 画質については、この写真ではよくわからないがかなり改善されている。なお、周辺減光についてはVA1でもマニュアルでフォーカスを開放することでずいぶん少なくなる。

 結論としては、より望遠で高画質を望むときはおすすめできるが、価格が高いのとワイド側では前方にスライドさせて使う必要があり、とっさの照準は合わせづらい。

ビデオアダプター「TSN-VA2」について
KOWAのTSN-VA2紹介ページ
[PR]
by ja3cf | 2005-04-26 07:17 | ビデスコについて
<< ホオジロ モリツバメ >>