60年表彰を受ける

 私はアマチュア無線のホームページ「JA3CF's Homepage」を持っている。しかし、最近では全く更新をしていないので、ハムの話題を初めてここに掲載することにした。

 5月29日に池田市において日本アマチュア無線連盟の総会が開催された。この総会は第53回目で、社団法人として最後の総会となり、次回からは新制度による「一般社団法人」となり、会員参加の総会はなくなる。思えば、総会には欠かさず出席していたので、全国の主な都市へ行ったことになる。

c0047906_18104157.jpg 今回の総会で思わぬ表彰を受けた。それは会員として継続60年として表彰である。最初に入会したのは高校生のときだった。その時期は、日本ではまだアマチュア無線の免許は許可されていなかった。短波の受信機を自作してひたすら海外のアマチュア局や、短波放送を受信して楽しんでいた。戦前から活躍する先輩に勧められて、SWLナンバーを取得したのが始まりだった。以来ずっと会員として活躍したことになる。60年表彰を受けた人は、私を含めて僅か3人だった。

 総会の冒頭、永年会長職にある原昌三氏が辞任することを表明された。長い間ご苦労様。台風2号接近で暴風雨の中の参加で、いろんな意味で記憶に残る総会となった。

  60年の 長きにわたり アマチュアの 無線に貢献 嬉しき表彰
  高校時代に 自作成したる 短波受信機 60年の 歳月偲ぶ

                     引地貞子(那智勝浦町)
[PR]
by ja3cf | 2011-06-02 07:20 | ちょっと聞いて
<< カケス EDIUSの手振れ補正機能 >>