セミしぐれ

 初盆が近づき、このところ雑用が多くブログの更新も遅くなってしまった。先月末、神戸のポートアイランドにあるホテルでちょっとした会合があった。何の会かといえば、神戸ポートアイランド博覧会(ポートピア)30周年記念同窓会で、もうあれから30年になるのだ。

 私たちもこの博覧会を盛り立てるために会場内に自前のパビリオンを作り、そこから全世界にむけて電波(8J3XPO)を発信したのだった。30年の節目に同窓会をしようということになり、昔の仲間が集まり当時の思い出に浸った。

 夜の会合だったのでポートピアホテルに泊まり、翌朝会場跡地にできた南公園を散歩した。人口島も30年経過すると立派な森となっている。この時期なので野鳥の姿は僅かだったが、セミが大きな桜の木にいっぱいとまっており、まさに「セミしぐれ」だった。この時期あまり聞きたくない音なので、ボリュームを下げて掲載しよう。



  神戸ポートピア 人工島も30年 立派な森に 蝉しぐれふる
  大樹の幹に びっしり止まる蝉の群れ 大合唱は森に響けり

                    引地貞子(那智勝浦町)
[PR]
by ja3cf | 2011-08-12 15:07 | 昆虫・花・風景・ほか
<< 「クイック・シンク・ビデオ」の記事 横断橋にアオバトが >>