12mのパラポラアンテナ

 和歌山大学の宇宙教育研究所に12mのパラポラアンテナが設置されたことを知り、JAMSAT(アマチュア衛星通信協会)のメンバーと見学に行ってきた。この大きさは国立大学のキャンパス内に設置されているものでは最大規模だそうで、地元・和歌山の企業が設計施工したのはうれしいことだ。
c0047906_16232081.jpg
 動画にも説明しているが、このアンテナは低軌道衛星やISS(国際宇宙ステーション)の追尾ができる高速回転をする。間近で見るこの動きは素晴らしく、たいへん迫力があった。ではこの高速回転する様子をお見せしよう。



 特任助教の佐藤奈穂子先生の説明によれば、まだ調整の段階でこれからソフトの整備に入るとのこと。実際の運用はもう少し先のようだ。これで私たちが使っているアマチュア衛星の通信をやってみたいものだ。今後の活躍を期待しよう。

  ゆっくりと 回り始めし パラポラアンテナ 目の当たりにす 高速回転
  大学構内に 最大級の アンテナの 作動を眺む ふくらむ期待

                         引地貞子(那智勝浦町)
[PR]
by ja3cf | 2012-05-28 16:36 | 昆虫・花・風景・ほか
<< カイツブリの巣作り イソヒヨドリの鳴き声 >>