和大の衛星が放出成功!

 和歌山大学と東北大学が製作した小型衛星「RAIKO」が国際宇宙ステーションから無事に放出された。この様子がJAXAからライブ放映され、星出宇宙飛行士が10月4日23時37分にボタンを押して放出される様子を鮮明に見ることができた。その瞬間の画面を切り出したのでここに掲載しよう。
d0160878_0171716.jpg
 この衛星の電波の受信を担当するのは、和大・宇宙教育研究所の佐藤菜穂子さん。佐藤先生は8月29日に掲載した「ARISSスクールコンタクト」でマイクコントロールをされた方。後はこの衛星の信号が無事に受信できるのを、楽しみに待つことにしょう。なお、2回目の3個の放出も無事成功した。

  宇宙ステーションより 小型衛星放出す 成功の映像 息つめて見ぬ
  超小型 衛星放出 まのあたり 青き宇宙へ 次々と出ず

                       引地貞子(那智勝浦町)
[PR]
by ja3cf | 2012-10-05 01:14 | ちょっと聞いて
<< 「和歌山ビデオ映像祭」 市街地に来たコウノトリ >>