手振れ補正の実験

 最近はビデオカメラだけでなくデジカメにも手振れ補正機能が採用されている。それでも手持ち撮影だと結構揺れが気になる。Webの動画はすべてYouTubeに掲載しているが、ここに「スタビライズ」という手振れ補正機能があることがわかった。先日、高島屋百貨店大阪店屋上庭園のクリスマス・イルミネーションをスマホで撮影した。この動画は結構手振れが気になる。それをYouTubeの「スタビライズ」で補正してみた。



 結構安定しているが画質がかなり落ちる。それに上下のふちが動いて気になる。

 ビデオ編集ソフトEDIUS Neo 3 がバージョンアップして「3.5」となった。新機能としていろんなカメラやフォーマットに対応や、3D映像の編集もできるとあるが私の環境では関係ない。とりあえず気になったのは、手振れ補正だ。今までは「メルカリ」を使っていたが、このバージョンからは自社開発の「スタビライザー」という機能になっている。それでバーションアップ版を購入した。

 最初の戸惑ったのは、この手振れ補正機能はどこにあるかだった。やっと見つけた位置は、「ビデオフィルター」の一番下にある「スタビライザー(ローリングシャッター補正有り)」だった。どのような補正量が適切かわからず、とりあえず真ん中の量で設定をした。嬉しいことに処理は以前より大幅に短かくなった。
c0047906_2233553.jpg
 あまりあっけないので「プレビュー」で確かめると効果が出ている。「メリカリ」だと処理が結構時間がかかっていたので、すごく便利になった。では、これで補正した動画をお見せしよう。



   補正終えし 動画美し デパートのイルミネーション 屋上に撮る
                       引地貞子(那智勝浦町)
[PR]
by ja3cf | 2012-12-16 16:40 | ハイビジョン撮影
<< SX50HSで手持ち望遠撮影 SX50HSで撮影したモズ >>