キアシシギ3

c0047906_2147462.jpg
 このところいつものフィールドへ行くも野鳥がめっきり少ない。考えてみたらバードウォッチングを始めてまだ1年に満たない。昨年はこの時期の観察はまだ経験していなかったのだ。それにしても近くの樹木の多い公園でも鳥の鳴き声はあまり聞かれない。昔より多く見かけるようになったのは、ヒヨドリとムクドリ、それにカラスとドバトだ。いずれもあまり人間には歓迎されない鳥たちだ。

 今日は以前に紀ノ川で撮影したキアシシギの飛び立つところを紹介しよう。水鳥の飛び立ちはいくつかのスタイルがあるようだ。助走を付けて飛び立つもの、これは大形の鳥に多く見かける。小形のものはそのまま羽ばたき、ヘリコプターのように斜め上方に飛び出す。このキアシシギもそのスタイルで、軽々と舞い上がる。(動画はここをクリック

  紀ノ川の煌めく水面あとにして キアシシギは 一気に飛び立つ
                     引地貞子(那智勝浦町)

人気blogランキングへ
[PR]
by ja3cf | 2005-06-09 21:50 | シギ・チドリ
<< ツバメ1 ハマシギ2 >>