レーザービーム

 和歌山県の那智勝浦町に第五管区海上保安本部の「下里水路観測所」がある。私たちアマチュア無線クラブ(近畿大正会和歌山支部)でこの施設を見学した。海岸べりの小高い丘の上にあり、名前から判断すると、ここから海上を観測している施設だと思っていた。

 見学して驚いた。この施設から人工衛星にレーザー光を発射してその反射光を計測して地図作成に必要な基礎データを収集しているのだ。500km~2万km上空の衛星の距離を1cmの精度で測定できるとはすごい!。その精度にぶったまげた!!。夜間まで待って実際の計測現場に立ち会った。夜空に向かってミドリのレーザー光を発射して衛星を追っかけるのを見て、衛星通信愛好家として感動した瞬間だった。
c0047906_10342946.jpg
c0047906_10351375.jpg
c0047906_10332266.jpg
c0047906_10363620.jpg
 なお、下里水路観測所についてはホームページをご覧ください。

   遥かなる 衛星の距離 測定す 青きレーザー 夜空を走る
        
   海の辺の 小高き丘より 発信の みどりのレーザー 衛星を追う

                       引地貞子(那智勝浦町)
[PR]
by ja3cf | 2013-10-12 10:43 | ちょっと聞いて
<< iPad Air を入手 中秋の名月 >>