バン3

c0047906_621312.jpg
 前回の続編。幼鳥がいるのなら近くに親鳥がいるはずだと注意して待っていた。予想に違わず草陰から姿を表した。この鳥の額からくちばしにかけて赤いのが印象的だ。バンの好物は小さな水草のようで、ここにはそれが食べきれぬほど広がっておりご満悦だ。(動画はここをクリック

  大好物の 水草おおう 池の面に バンの親子 せわしく突付く 
  水草は 余すことなく 水面(みなも)埋(こ)め
                 バンの親子の 浮きつつ啄ばむ

                    引地貞子(那智勝浦町)

人気blogランキング ←に参加しています・一日1回クリックをよろしく
[PR]
by ja3cf | 2005-08-18 06:12 | クイナ科
<< カバイロハッカ1 バンの幼鳥 >>