ゆあさ行灯アート展

 和歌山県湯浅町で毎年開催されている「ゆあさ行灯アート展」に行ってきた。三脚使用の撮影が禁止されているので、SonyのFDR-AX55で手持ち撮影をした。湯浅町の伝統的建造物保存地区になっている街中に200ものあんどんが展示されている。日暮れと共に家々の軒先に色とりどりの光が浮かび上がり幻想的な風景だった。

 Googleフォト上で編集を行ったが、このアプリでは手振れ補正機能が自動的に働き、カメラのアクティブ手振れ補正と相まってほとんど画面の揺れがなくなった。


[PR]
by ja3cf | 2016-05-03 23:04 | 昆虫・花・風景・ほか
<< 11年ぶりの大飯盛物祭 PowerDirector14の実験 >>