ハイビジョンカメラHC1+2.2X (2)

 先に紹介したようにこの度ソニーから発売されたハイビジョンカメラHC1にレイノックス2.2倍のテレコンバージョンレンズを取り付けると約1,000mm(25mmカメラ換算)の望遠となる。以前にサブカメラとしてDVカメラのデジタルズームで動画を撮影したことがある。このときは画質がかなり落ちてがっかりしたことがあった。

 ハイビジョンであればDVとの比較では4.5倍の高画質なので、HC1をデジタルズーム20倍(レンズズーム10倍+デジタルズーム2倍)にして撮影してDVの大きさに縮小したら十分使えるのではなかろうかと考えた。そこで簡単なテストを試みた。いつもテストする距離でHC1を2.2Xのテレコンを付けて20倍ズームの位置にして撮影した。その動画を切り取って静止画にしてDVと同じサイズに縮小したのがここに紹介する画像だ。
c0047906_19504390.jpg
 この画質なら動画としてはまったく問題ない(画像のクリックで実寸表示)。これで2,000mm相当のレンズとなり、野鳥撮影には十分使えるコンパクトなシステムとなったのだ。この調子ならもう少しズームアップしても使えるかもしれない。次回にもう一度実験してみよう。

人気blogランキングへ
[PR]
by ja3cf | 2005-09-12 20:11 | ハイビジョン撮影
<< サギ3種類 ジョロウグモ♂ >>