ケアンズに到着

 昨年に引き続き今年もケアンズへ行ける幸運に恵まれた。04:40 予定どおりオーストラリア航空でケアンズに到着する。成田から参加のメインの連中と落ち合いすぐにホテルへ。今回のツワータイトルは「女流デジスコ野鳥カメラマン・大島志のぶさんと行くケアンズ・デジスコツアー5日間」で参加者は18名。何しろ昨年のツワーからずーと共通の掲示板で情報交換をしていたので、気心が知れた仲間たちだ。お互いに1年ぶりの再会を喜び合う。早朝なので部屋に入れず、ロビーで撮影機材を準備をしてセンテナリー公園へ行く。

 モリショウビンやズグロトサカゲリ、ヘラシギ、定番のワライカワセミなどを撮影する。何しろ暑い。冬からいきなり真夏に変わって、昨夜は機内で寝られなかったのがこたえた。

 13:00 ホテルに戻り昨年と同じ部屋に入る。持ち物を整理してシャワーを浴び、遅めの昼食を摂る。そのときの飲んだビール、小瓶なのにすっかり酔っぱらってしまい起きてもふらふらの状態だった。
c0047906_7142915.jpg
 16:00よりホテル前で撮影する。ここの海岸は干満の状態で景色が一変する。いまは数百メーター先までずっと干潟が続く。水鳥も遙か向こうだ。明日は早朝出発なので、撮影は早めに切り上げ就寝する。

 ランキング クリックしつつ ケアンズの 鳥追う友の 帰国待ちわぶ
                       引地貞子(那智勝浦町)
[PR]
by ja3cf | 2005-12-01 07:08 | ケアンズの野鳥日記
<< 待望のシラオラケットカワセミを... 明日ケアンズへ >>