街中のユリカモメ1

 冬鳥として多く飛来するユリカモメ。普通は海岸や河口の岸辺でよく見かける。ここ和歌山市は海岸そばにあり、街の中心地である和歌山城は海岸から1kmあまりの位置にある。
c0047906_210662.jpg
 数年前から和歌山城の堀にたくさんのユリカモメが飛来して冬の風物詩となっている。数日前から全国各地が寒波に襲われているが、ここ和歌山は雪が積もることもない。では、その風景をお見せしよう。動画の最初に見える左側の建物は和歌山地方裁判所だ。(動画はここをクリック

  ユリカモメ 大群をなし 和歌山城の 堀を埋めし 飽かずに眺む
  日本列島 襲う寒波の 雪便り ここ和歌山の お堀端穏し(おだし)

                        引地貞子(那智勝浦町)
[PR]
by ja3cf | 2005-12-19 21:17 | カモメ科
<< ユリカモメのクローズアップ ワライカワセミとの再会 >>