ビデオSALONに掲載される

c0047906_14241294.jpg
 先に紹介したがビデオSALONに「野鳥&ネイチャービデオSALON」という特集記事が連載中だ。この記事を読んでいたら、野鳥作品を募集していると書いており、しかも筆者である野鳥&ネイチャーカメラマンの菅原安氏は私と同じスコープとビデオカメラを使ったシステムがよいと書いている。

 すっかり嬉しくなって年始に作った作品を応募した。いま発売中の5月号で応募作品が一挙公開され、運よく私の作品が掲載された。しかも8作品中2番目に紹介されている。(上記掲載部分の画像をクリックで拡大表示する

 筆者のコメントでは『野鳥撮影は4つのタイプがある。観察記録系、図鑑系、紀行系、それに映像詩系で・・・・紀行系は、野鳥という対象を撮影者本人の視点でわかりやすく描くタイプ。岩崎さんの「カモメ狂騒曲」、「大池のパンダガモ」は誰が見てもわかりやすくまとめられた作品』と書かれている。

 これらの作品は、部分的にはこのブログで掲載した。2作品とも4分程度の短編だが、ハイビジョン撮影のため全編をウエブに掲載は先送りすることにしよう。

  専門誌に 紹介されし 野鳥ブログ おめでとう~ と今日も開きぬ
                       引地貞子(那智勝浦町)
[PR]
by ja3cf | 2006-04-22 15:13 | 【特別編】
<< ヒレンジャクの続報2 ハイビジョンカメラHC3のテスト >>