カワセミ・三脚なしで撮影実験

c0047906_1263373.jpg
 マイフィールドのカワセミ、スコープと三脚なしでどれだけ映せるか実験してみた。距離は50m以上ある。ハイビジョンカメラHDR-HC3にテレコンバージョンレンズを取り付けて撮影した。撮影倍率は約40倍。これでは手持ちは全く駄目なので、そばの柵にカメラを乗せて手で固定した。

 この状態ではなかなか安定した撮影はできない。その中から比較的よい場面を編集してみた。編集に使っているソフト「ADOBE Premiere Pro」には手ぶれ補正ソフト「Steady Move」がついている。これを使ってどれだけ安定するか実験してみた。

 はじめの部分は補正なしで、後半は同じ場面を補正している。デジカメの電子補正と同じ原理で、表示画面を小さくして撮影部分との差を利用してぶれを少なくしているのだ。7%補正しているため拡大画面となっているがかなりの効果が出ている。ただし、この機能を使うとそれだけ画質が落ちる。("video" はここをクリック

 さまざまな 工夫凝らして カワセミを 撮れり スコープ三脚 使わず
                        引地貞子(那智勝浦町)
[PR]
by ja3cf | 2006-09-16 15:06 | カワセミ科
<< カルガモ8 (Spotebil... 黒と白 >>