ランカウイ島へ出発

c0047906_1143889.jpg
 このところ毎年1回は海外へ撮影旅行に行っている。今年は一昨年、昨年と続いて同じグループの野鳥撮影ツワーに参加する。今年のタイトルは「石丸喜晴さん・大島志のぶさんと行く野鳥の楽園マレーシア・ランカウイ島野鳥観察撮影ツワー5日間」という長~がいタイトルになっている。

 総勢21名、実は添乗員のJTB山本さんは「翡翠との出会い」のHPを主催しているカワセミ好きで有名なeisvogelさんなのだ。従って3人の先生を抱えた豪華撮影ツワーで、しかも殆どの参加者はレピーターなので同窓会の雰囲気で楽しい仲間たちなのだ。

 出発は成田と関西に別れ、私たち5人は関西空港に集合して10時半フライトのマレーシア航空で出発する。クアラルンプールで成田組と落ち合い、そこからローカル線でランカウイ島へ。ここはマレーシアの最北端にある島で、今日から3日間滞在するランカウイ・シェラトンホテルに到着する。シャワーを浴びて夕食を摂りすぐに就寝する。さあ、明日からはどんな鳥に出会えるのか楽しみだ。
[PR]
by ja3cf | 2006-10-04 23:19 | マレーシアの野鳥日記
<< 本命がいきなり現れた! カワセミ15 (Common ... >>