タイヨウチョウをゲット!

 今日は撮影できる最終日だ。新しいマングローブに行く組と、5日に行ったチャバネコウハシショウビンを見た場所へ行く組と分かれる。やっぱりチャバネをもっと見たいと後者に参加する。ここでは新しい鳥はなかったが、チャバネコウハシショウビンとブッポウソウ(下の画像)を存分に撮影することができた。ササゴイ、タヒバリやイソシギそれにカワセミも撮影できた。
c0047906_23103138.jpg
 お昼はあまりにも暑いので移動する。島内には野鳥園・バードパラダイスがあるということでそこへ行くことになった。野鳥園なら日本国内でも見ることができるので、みんなと別れて3人だけそばの民家付近で撮影することにした。

 今日も突然猛烈な夕立に遭う。慌ててそばの船作業場に避難する。20分後に小雨となってやっと撮影ができる。民家のそばの白い花にタイヨウチョウが来た。慌ててカメラをセットするが、なかなかすばしこくてピントが合わせられない。何とか数ショットを撮影できた。ホテルに帰って調べると図鑑の表紙を飾るキゴシタイヨウチョウ(下の画像)とわかり、今日最高の収穫だ。
c0047906_23311246.jpg
 いよいよ、今日でランカウイとお別れだ。早目にホテルに帰り、荷物の整理をする。出発までしばらく時間があり広大なホテルの敷地を少し散歩する。野鳥の他にオオトカゲやサルの親子なども見ることができた。

 楽しかった撮影旅行もこれでおしまい。往路の逆にランカウイからクアラルンプールへ飛び、真夜中出発のマレーシア航空で関空向けて出発。翌朝全員無事帰国した。

  真っ黒に 唯一あかき くちばしの ブッポウソウは 梢にとまる
  白き花に タイヨウチョウの 朱(あけ)映えて
                    きょう最高の 映像となる

                      引地貞子(那智勝浦町)
[PR]
by ja3cf | 2006-10-07 22:50 | マレーシアの野鳥日記
<< コウライウグイス (Black... 飛びものに挑戦! >>