新スコープTSN-774をゲット!

 ビデスコをはじめてからずっとKOWAのフィールドスコープTSN-664を使ってきた。このスコープは画質もよく、軽量で気に入っている。しかし、もう一回り口径の大きなTSN-824と比べると鮮明さ、明るさに差があった。

 最近になってKOWAから口径77mmのTSN-774が発売になった。このスコープは対物レンズに特殊低分散性をもつXDレンズを採用したメーカーの自信作とのことだ。TSN-664に比べると、大きさがあまり変わらず重量が少し重いだけだ。これなら今までと同じ環境で使えそうだと購入することにした。(TSN-774の詳細についてはKOWAプロミナーのページを参照のこと)
c0047906_10364236.jpg
 まだ、本格的に使用をしていないが、現用品と同じようにマウントプレートを親友のパラダイスさんに作ってもらったのでそれをお見せしよう。ついでに照準器も高輝度タイプに変更した。モニーターのすぐ上の位置に取り付けたので、両方を同時に見ることができようになった。

 このスコープはピント合わせのノブが2段になっており、微調がやりやすくなっている。これだと、照合がかなりスムースなると思われる。このスコープの対眼レンズは、TSN-664と同じでTSN-VA2よりTSN-VA1の方がけられや周辺減光する範囲は少なく、しかも倍率が低いので使いやすい。

 ご存じのように、デジスコやビデスコだとオートではピントは合わない。必ずスコープのノブを回して照合することが必要になる。このシステムでどれだけよいのが写せるか、今から楽しみにしている。
[PR]
by ja3cf | 2007-03-19 10:41 | ビデスコについて
<< オオハクチョウの飛翔3 千客万来 >>