カワセミと遭遇

 よく散歩に行く近くの公園へ。昨日気になっていた野鳥はどうやら「ゴイサギの幼鳥」らしい。それを観察しているときに甲高い例の鳴き声「チチチィ」を聞く、カワセミだ!。青い小さな物体を目で追って行くと池の向こう岸の枝に止まった。今日は散歩だったのでスコープは持参していない。70mほど先だ。ビデオカメラにテレコンをつけてデジタル領域までズームアップすると、まさしくカワセミとわかる。

 c0047906_11153048.jpgしばらく観察しているとまた鳴き声が聞こえ同じ枝にもう1羽止まった。最初は雄雌と思っていたが、後日そのよく観察するとどうやら親子らしい。瞬間的に餌をもらって飛び去ったのが幼鳥と思われる。文献によるとカワセミは複数で枝にとまるということが少ないそうだ。スコープが持っていなかったのが悔やまれる。(動画はここをクリック

 後日、再度スコープを持って待ちかまえたが会うことができなかった。どうも、このそばには彼らのハンティングスポットがないようだ。

  揺るる枝に 羽ばたき続け カワセミの 子に餌与う 姿いじらし
                      引地貞子(那智勝浦町)
[PR]
by ja3cf | 2004-08-24 11:13 | カワセミ科
<< デジスコのメリット 長時間バッテリー >>