鳥見仲間が増えて・・・

c0047906_222818100.jpg
 いつもの鳥見仲間三人衆にカワセミのことを話したら見たいということになり今日の鳥見会となった。それにいつもの3人にもう1人仲間(藤浪さん)が加わり、四人衆となり賑やかになった(私以外、他の3人はデジスコ)。

 遠方から仲間が集まったのにセミちゃんがいつもの場所に来ないとなると面目ないと思っていたが、待つこと3時間やっと姿を現した。それもいつもの場所と違い、石垣にある枯れ草に止まってゆ~らゆら。そこからダイビングするが、獲物が小さいのか元に位置に戻ったときは魚をくわえていない。その後、壕の中にある工事中の基礎石に移ってそこを猟場にした。

 5分ほどの間、われわれの前で演技をしてくれたが、大きな獲物を捕ることができず飛び去ってしまった。それにしてもみんな久しぶりにカワセミが撮影できたと満足の表情だ。ほんとにカワセミは見る人に幸福感を与える鳥だとつくづく思う。

 この観測地点では他にキセキレイとアオサギ、それにムクドリが確認できた。それにしてももう夏鳥が飛び去ったらしく、この公園の野鳥は極端に少なく静かだった。

  三時間 仲間と待てば 待望の カワセミ現る 貴重な五分
                   引地貞子(那智勝浦町)
[PR]
by ja3cf | 2004-09-25 22:28 | カワセミ科
<< 基台を変更する ついにビデスコで捉えた! >>