リュウゼツラン

c0047906_950407.jpg 有田川の堤防にリュウゼツランが開花して話題となっている。この花は英語名でCetury plantというごとく、70年か100年に一度開花して枯れるのだそうだ。有田市が測ったところ、その高さ何と11mあまり。

 原産はメキシコ地方で葉の中身から蒸留してテキーラを作るのだそうだ。撮影したのは2週間前で、まだつぼみだったが現在は満開だ。花自体はそれほど美しくないが、その大きさは一見の価値あり。ただし、台風4号の影響で残念ながら大きく傾いたそうだ。
c0047906_102068.jpg
c0047906_1014762.jpg
 ("video" はここをクリック

 有田川 堤防に立つ リュウゼツラン 珍しき木は 町の噂に
 テキーラを 造る高木の リュウゼツラン 有田川堤に 花を咲かせり
 原産は メキシコと言う リュウゼツラン 見上げる高さ 11メートル
 リュウゼツラン バナナの如き 蕾つけ 花火のような 花開きたり

                       引地貞子(那智勝浦町)
[PR]
by ja3cf | 2007-07-23 10:25 | 昆虫・花・風景・ほか
<< HDR-CX7を入手する 「オオハクチョウ」がオンラインに! >>