シメとトラツグミ

 いつもの仲間4人で久しぶりに鳥見会をする。藤浪さんは、デジスコからビデスコに乗り換えて私と全く同じシステムとなり、ビデスコ仲間が一人増えた。午前中は、和歌山市の紀伊風土記の丘公園に行く。ここは近くで見つかった竪穴住居など古墳群を再現したり、古い民家などを見学できる公園となっている施設だ。

c0047906_19394427.jpg 公園は傾斜になっており樹木が多いが、散歩できるように歩道が整備されている。休日でウオーキングする人が多く、野鳥もじっと止まっていてくれない。メジロやキジバト、ヒヨドリなどが多いが、ここでの収穫は初めて撮影できたシメ(右の画像、動画)だった。

 そのほかにルリビタキ♀、コゲラ、ジョウビタキ(下の画像、長谷さん撮影)、シロハラなどが観察されたがビデオは残念ながらうまく撮れなかった。園内は梅が満開で、桜もかなりつぼみがふくらんでいる。ほかの土地よりも早く咲きそうだ。公園のそばに池があり、そこではヒドリガモ、マガモ、シノリガモ、ダイサギ、アオサギそれにカワウなどが観察できた。

c0047906_110919.jpg 午後からは場所を換えて四季の郷公園に行く。ここでトラツグミ動画)に出会ったが、一瞬の撮影でビデオというより静止画の世界だった。ほかにエナガとアオジが確認された。
[PR]
by ja3cf | 2005-02-12 19:53 | アトリ科
<< Exblogに乗り換えて イカル >>