台湾・金門島の旅 ②

 2日目、朝6時に夜が明けるのを待ってホテルそばで探鳥する。付近は農地で、結構野鳥を見ることができた。カノコバト、シロガシラ、シキチョウ、タカサゴモズ、カササギ、ハッカチョウなど、それにアオショウビンもいた。

 ガイドは頼美秀さんという女性で、鳥には結構詳しく日本語を上手にしゃべる。聞くところによれば、鳥ガイドとして結構有名で、この人にガイドして貰った日本人は多いそうだ。とにかく鳥以外のこともよくしゃべる。
c0047906_23245361.jpg
 朝食の後、バスにて干潟へ探鳥に出かける。ここではシギやチドリを見る。その上、ヒメヤマセミを見ることができた。魚をくわえているが、大きすぎてなかなか飲み込めない。もちろん初めてのゲットだ。まともに撮影はできなかったがこの鳥のホバリングも見ることができた。そのあと別の海岸へ移動するが、ここでは鳥も少なく大した撮影はできなかった。
c0047906_23121519.jpg
 昼食後、牛の放牧地と農園へ移動する。ここでゆっくり待望のヤツガシラを見ることができた。日本では珍鳥だが、ここでは普通の野鳥だそうだ。何回か見ることができたが、ぶどう園の開けた場所でせわしく地面を突いている姿をゆっくり撮影できた。
c0047906_2321510.jpg
 今日で金門島探鳥は終わりだ。もっとも期待していたヤマショウビンは残念ながら見ることができなかった。

   夜明け待ち 種類の多き 探鳥の ガイドの日本語 流暢にして
   嘴に 大きすぎたる 魚咥え ヒメヤマセミは 周り眺めり
   朝食後 出でし干潟に ヒメヤマセミの
                 ホバリングも見し 楽しひととき
   農園に 立てば待望の ヤツガシラ せわしく地面 啄ばみており

                      引地貞子(那智勝浦町)
[PR]
by ja3cf | 2007-10-26 22:58 | 台湾の野鳥日記
<< 速報:ナベヅルが来た 台湾・金門島の旅 ① >>