台湾・金門島の旅 ④

 ツワー最終日、今日は4時起きで烏来へ行く。朝が早いので、バスの中でホテルが用意した朝食の弁当を食べる。ここは温泉郷として名高く、川沿いの場所で野鳥が多いところだそうだ。烏来とは先住民タイヤル族の言葉で「温泉」ということだ。台北から車で2時間あまり、入り口の橋のそばで下車して徒歩で探鳥に向かう。

 川の対岸に小鳥を見つけた。イソヒヨドリに似たカワビタキが枝にとまっているが、かなり距離がありよい画面の撮影が難しい。カワセミも見かけた。そこから山に登って行く。道のそばの枯れ木にヒメオウチュウ、クロヒヨドリなどが次々にとまる。葉っぱがないと撮影はほんとに楽だ。別れて撮影しているため、運のよい人はヤマムスメ、ヒゴロモ、ベニサンショウクイなどをゲットした。(画像はヒメオウチュウ)
c0047906_14164958.jpg
 お昼前に烏来を離れて帰路につく。途中に寄り道してリュウキュウツバメやシマアカモズを撮影する。午後はホテルのレストランで食事をして国際空港へ向かう。松山空港と同じく、ここでも空港の玄関脇で各自スーツケースを開いて三脚や機材を詰め込む。

c0047906_2264076.jpg ここで関東組と分かれて、往路と同じ長谷さんと2人で関空向けにフライトして帰国した。このように撮影日記を書くと、すべてが快適な撮影旅行に聞こえるが、実は今回の旅は私には相当ハードだった。数年前から足腰を痛めている。それがだんだんと弱り、リハビリを受けているのだ。平坦な道だと遅れながらもついて行けるが、今回は段差の道や坂道が多くこたえた。スコープとカメラそれに三脚や付属品などで10kgほどを持っての移動となる。毎年、「これが最後の撮影旅行ね」と妻に言われている。さて、来年はどうなるだろうか。

 これで「台湾・金門島の撮影日記」を終了する。ここで撮影した野鳥については日を改めて紹介しよう。それに私が撮影できていない野鳥画像をメンバーからもらって「台湾・金門島の野鳥」DVDビデオを作る予定にしている。(画像は記念に買ったカワセミのストラップ)

  野鳥多き 温泉郷の 川沿いの 「鳥来」を巡る さまざまな鳥
  我が町を 飛ぶヒヨドリは 灰色なり クロヒヨドリの 羽毛艶めく
  枯れ枝に 羽毛つやめく クロヒヨドリ 我が町なかに 見ぬ黒色は
  段差の道 坂道おおき この旅の 10キロの荷の 負担大きし
  ハードなる 探鳥の旅 終えて立つ 関空の空 高く澄みたり

                      引地貞子(那智勝浦町)
[PR]
by ja3cf | 2007-11-04 23:24 | 台湾の野鳥日記
<< 出品作品が紹介された 台湾・金門島の旅 ③ >>