ノビタキ♂

c0047906_1983438.jpg
 毎年、秋になるとよく見かけるノビタキ。今年も10月にたくさんの出会いがあった。この鳥はウグイスなどと違い、草や木の上にとまっているので見つけやすいのが特徴だ。夏羽は頭部がすっぽり黒ずきんをかぶったような姿だそうだが今は冬羽だ。

 ノビタキは杭のような安定なところだけでなく、何で折れ曲がった枯れ草にとまるのか知っている?。それはね、不安定なところでとまることで平衡感覚を養っているんだよ。(笑)("video" はここをクリック

  ノビタキの 習性草や 木の上に 止まりて見つけ やすき鳥なり 
  夏場には 黒き帽子を かぶりおり ノビタキ冬には その帽を脱ぐ
  不安定な 草の上(へ)に乗る ノビタキは 平衡感覚 養うという

                       引地貞子(那智勝浦町)
[PR]
by ja3cf | 2007-11-17 19:26 | ヒタキ科
<< タヒバリ タッチフォーカスを使おう >>