ナベヅルが和歌山に

c0047906_1991740.jpg
 先般、朝日新聞和歌山版にナベヅルが御坊市へ飛来していると報じられた。御坊といえば私の生まれ故郷の近くだ。こりゃほっとけないと週末、鳥仲間と撮影に行った。いた!日高川の中州に留まっている。双眼鏡で数えてみたら、成鳥9羽、首が薄茶の幼鳥が5羽で14羽の集団だ。

 記事によれば飛来が確認したのは12月25日で、昨年も数回飛来したがその日のうちに九州方面に飛び去ったそうだ。今回は年を越えて居着いている。午前中は近くの田んぼで餌をついばんで、午後にこのねぐらへ戻ってくる。("video" はここをクリック

  この冬は 年越え居着く ナベヅルの 群れに幼鳥 交じりておれり
  昼までは 田んぼに漁り 午後からは 中州に戻る ナベヅルの群れ 
  日高川 中州に群るる ナベヅルの
              去年(こぞ)はその日に 飛び立ちしとぞ

                       引地貞子(那智勝浦町)
[PR]
by ja3cf | 2008-01-28 19:07 | ツル科
<< ナベヅルの飛翔 ヒメヤマセミのホバリング >>