モリショウビン1

c0047906_20232112.jpg 「ケアンズの野鳥」編。オーストラリアはカワセミ類が世界中で最も多く生息しているといわれる。ケアンズでは、モリショウビンはよく見ることができるポピュラーな鳥だ。

 背中は瑠璃色のきれいな野鳥で、昆虫や小動物を捕って食べる。カワセミ類特有の体が揺れても頭が固定されたポーズで、木の上から地上の獲物をねらっている。カワセミ類は皆同じ習性があるのだが、枝が揺れても頭が固定してずっと獲物をねらっている。20分程度撮影したが、鳴き声は聞くことができなかった。(ケアンズの野鳥で掲載している画像はツワーメンバーから提供のものが含まれる)
動画はここをクリック

(追記)
  揺るる枝に 体を合わせ伸び縮み モリショウビンは 頭固定す
                    引地貞子(那智勝浦町)

センテナリー公園
[PR]
by ja3cf | 2005-02-23 20:52 | オーストラリアの野鳥
<< オーストラリアツカツクリ1 トサカレンカク >>