カテゴリ:ムクドリ科( 6 )

カラムクドリの撮影

 GoogleフォトにHDDに保存していた画像をアップロードしている。この素材を使って自動でストーリーアルバムやムービーができている。その中でうまくできていると映像をお見せしよう。

 今回は2年前にカラムクドリが紀ノ川河口に来たときの映像だ。珍鳥なので関東のカメラマンも来ていた。



 紅きつぶら実あまた(数多)付きしを啄みつつ ムクドリせわし枝渡りゆく
                      引地貞子(那智勝浦町)
[PR]
by ja3cf | 2016-01-29 08:36 | ムクドリ科

カラムクドリ

 紀の川の川岸へ珍鳥カラムクドリがきているということで撮影に行った。新聞やテレビでも紹介されたそうで、大勢の野鳥ファンが来ている。車のナンバーを見ると関西だけでなく遠くは横浜など関東の車も数台あってびっくり。すごいカメラの放列だ。
c0047906_12591646.jpg
c0047906_1332317.jpg



   紀の川に 野鳥ファンが集合す カラムクドリの 数羽飛来に
   枯れ枝の 虫を啄むカラムクドリ ススキが揺れて 小鳥も揺れる

                       引地貞子(那智勝浦町)
[PR]
by ja3cf | 2013-02-04 13:04 | ムクドリ科

ムクドリの水浴び2

c0047906_656361.jpg
 男里川の河口で野鳥観察していると向こう岸から賑やかな鳴き声が聞こえてきた。見るとムクドリが一斉に水浴びを始めたのだ。そのかず数百羽。ムクドリは集団で移動するが、これだけ一斉に水浴びする姿を見るのは初めてだ。

 コツコツという大きな音が入っているのは、マイクに雨が当たった音。いままで雨天に撮影をしなかったので、これからは雨対策も必要だ。(動画はここをクリック

  ムクドリの 大集団に出会うのは 始めてのこと 一斉に水浴ぶ
  こつこつと カメラに当たる 雨の音 聞きつつ眺む ムクドリの群れ
                        引地貞子(那智勝浦町)

人気blogランキングへ
[PR]
by ja3cf | 2005-11-08 07:09 | ムクドリ科

ムクドリ3

c0047906_20241078.jpg
 散歩に近くの公園へ行った。ムクドリがエサをあさっていたので、スコープは持っていなかったがHC1で撮影できた。高画質に変換ができなかったが、その一部をお見せしよう。(動画はここをクリック

  公園の草むら ムクドリ餌を食ぶ 放りては咥え また放りつつ
                     引地貞子(那智勝浦町)

人気blogランキングへ
[PR]
by ja3cf | 2005-07-15 20:47 | ムクドリ科

ムクドリの食事

c0047906_23283666.jpg 以前に掲載した「ムクドリの水浴び」と同じ和歌山市内の小川で、エサを探しているムクドリを撮影した。

 市内の公園などで地面のエサをついばんでいるのをよく見かけるが、河原の湿地を右に左にゴカイやミミズ、それに小生物をさがしてせわしく動き回っていた。
動画はここをクリック)

  水光る川辺の干潟 ムクドリの  餌漁るさま 忙しく見ゆ
                   引地貞子(那智勝浦町)

「ムクドリの水浴び」
人気blogランキングへ
[PR]
by ja3cf | 2005-05-18 00:31 | ムクドリ科

ムクドリも水浴びがかわいい

 和歌山市内を流れる小さな川に行く。水が少なく川原が広がっている。しばらく観察していると、結構野鳥が見かける。アオサギ、ムクドリ、それに少ないながらコチドリが確認できた。
 ムクドリがいちばん多く、盛んに水たまりのある川原を数十センチ間隔で地面をつつきながら足早に動いて行く。小さなゴカイや小生物などを食べているようだ。その動きの速さにズームアップして追跡ができないくらいだ。

c0047906_11242174.jpg 当地にはムクドリはすごく多く、珍しくもなんもないが、この動きを追跡するのは結構スコープ撮影の練習になる。

 追っかけているうちに、数十m先の大きな水たまりで何と10数羽のムクドリが一斉に水浴びを始めた。これはカワイイ、水を盛んに跳ねながら体を左右に振っている姿が何ともユーモラスなのだ。その姿をビデオにばっちり収めた。このような場面が記録できるのはビデオならではのメリットと自慢しよう。
(ここをクリックで動画が見られる)

  ムクドリの群れいっせいに水浴ぶる  この一瞬を撮りし幸運
                    引地貞子(那智勝浦町)
[PR]
by ja3cf | 2004-08-30 11:22 | ムクドリ科