カテゴリ:大阪市南港野鳥園( 1 )

初めての鳥見会

c0047906_1139096.jpg デジスコ仲間三人衆(VSR、NGWそれにCF)で初めての鳥見会を催す。午前中は大阪府泉南の男里川河口でシギ類を観察。今日は週末で釣り客が多く、その影響かあまり鳥が多くない。「キアシシギ」と「チュウシャクシギ」とは初めての対面だ。同行の二人とも工作が得意で、VSRこと山田さんはジンバル型雲台を自作したり、デジカメにリモコン端子を取り付け、スイッチでシャッターを切れるように改造している。NGWこと長谷さんもディスプレーにボックスを取り付け、ルーペで画面を拡大して見えるようにきれいに工作している。

 ここは関空の入り口で、低空で着陸する飛行機を横目で見ながらの観察だった。確認できた野鳥はキアシシギ、チュウシャクシギ、コサギ、ムクドリ、キジバト、ハクセキレイなど。

 午後から大阪市南港野鳥園へ車を走らす。ここは大阪市が埋立地に人工干潟を作り、鳥類を保護するとともに市民に無料で観察場所を提供しているところだ。最初は北観察所に出かけたが、ここは人がいないだけに手入れもしていなく、雑草が生え茂り視界が悪い。コサギとカワウだけ撮影してから展望塔に移動した。

c0047906_1133857.jpg この野鳥園は初めての訪問だが、さすが市民の憩いの場だけあって家族づれが多く、皆んなスコープや双眼鏡でフィールドを眺めて賑やかだ。見晴らしがいいのだが、鳥までかなり距離があり、小さいのはスコープでも見づらい。コサギをクローズアップすると白飛びがしたので、ゼブラパターンが出ない位置まで絞って撮影した。帰宅後その画面を見るとバックの風景がかなり暗くなってしまいよくない。特に静止画となると全体が相当に暗く、失敗だった。

 はじめは大きな鳥ばかりしか視界に入らなかったが、注意してスコープをスイープすると、いろんな種類の野鳥が観察できた。チドリがもっとも多く、「トウネン」など初めての見るシギ類が確認できた。居合わせた常連に聞くと、今日は種類も数も少ないとのこと。トータルでビデオテープを1時間半回す。帰って調べると現地では見つけることができなかったハクセキレイが映っているのが見つかった。このようなことができるのがビデオの特権だ。(ここをクリックで動画が見られる)

 ここで確認できたのは、コサギ、チュウサギ、ダイサギ、アオサギ、カワウ、カイツブリ、キジバト、トビ、ムクドリ、コチドリ、シロチドリ、トウネン、キアシシギ、アオアシシギ、ソリハシシギ、ハクセキレイなど。
[PR]
by ja3cf | 2004-09-11 11:30 | 大阪市南港野鳥園