カテゴリ:シギ・チドリ( 54 )

トウネン

c0047906_2135418.jpg
 早いもので、今年ももう半分が過ぎた。毎年この時期は夏枯れで、近くで鳥見ができる機会が少ない。友人たちは海外に出かけたが、仕事の都合でそれもできなかった。

 先にシロチドリの撮影したときトウネンを見つけた。この野鳥は過去に何度も見かけたが、まだ掲載はしていなかった。シギの仲間で、この鳥も磯での動きは激しい。普通は群れで行動するそうだが、ここで見かけたのは1羽だけだった。("video" はここをクリック

  初お目見え 動きはげしく トウネンの 一羽で漁る 広きなぎさを
                       引地貞子(那智勝浦町)
[PR]
by ja3cf | 2007-07-03 21:16 | シギ・チドリ

ちょこちょこっとシロチドリ

c0047906_18412168.jpg
 コアジサシと一緒に見つけたシロチドリ。この鳥は磯を動き回るが、いつ見てもその進行方向を予測できない。数十歩進むと急に立ち止まり数秒後にまた動き出す。普通は体の向けた方向に動くものだが、この鳥は違う。全く別の方向に突然走り出す。

 ビデスコでの撮影は、35mmカメラ換算では3000mm以上の超望遠なので、三脚のハンドルに手をそえるだけで画面がぶれる。この日は風もあり、なかなか安定した撮影ができなかった。("video" はここをクリック

 シロチドリの 動き可笑しき 立ち止まり また走り出す 餌啄ばみつ
                       引地貞子(那智勝浦町)
[PR]
by ja3cf | 2007-06-28 18:54 | シギ・チドリ

貴婦人が戻ってきた (Lapwing)

c0047906_22193021.jpg
 田んぼの貴婦人といわれるタゲリが、今年も見かけるようになった。ノビタキを観察していて、後を振り返ったら空き地の先に2羽の姿を見つけた。いつ見ても端麗で気持ちのよい鳥だ。隠れるところがないのでそばに近寄れず、こちらに来るのをじっと待っていたが振られてしまった。残念!("video" はここをクリック

 野の貴婦人と 言わるるタゲリ その冠羽 帽子の羽の ごとく美し
 貴婦人と 言われておれど 草はらを 歩むタゲリの 動きせわしき

                      引地貞子(那智勝浦町)
[PR]
by ja3cf | 2006-11-08 22:35 | シギ・チドリ

イソシギの選別

c0047906_2326710.jpg
 シギやチドリはどれも同じようでなかなか識別が難しい。そんな中でここに紹介するイソシギが一番識別がしやすい。それは尾羽をセキレイのように上下に振っているからだ。これを覚えておればこのシギがかなり見つけやすい。(動画はここをクリック

  池に川に 群れる野鳥の 中にいて イソシギ目立つ 尾羽振りおれば
  上下に 尾羽振りながら イソシギは 首のまわりの 羽繕いする

                       引地貞子(那智勝浦町)
[PR]
by ja3cf | 2006-06-16 23:32 | シギ・チドリ

シロチドリ

c0047906_22302531.jpg
 甲子園浜で撮影したシロチドリ。大きさ姿形がコチドリとよく似ている。しかし、違うところは黄色いアイリングがない。チドリ特有の動作であちこちせわしく動き回り、小さなカニやゴカイを食べている。(動画はここをクリック

   シロチドリ 止りては又 走り出し 動きせわしく 干潟に漁る
                      引地貞子(那智勝浦町)
[PR]
by ja3cf | 2006-05-11 23:19 | シギ・チドリ

ダイゼン

c0047906_9581078.jpg
 4月30日に日本野鳥の会兵庫県支部でデジスコ講習会と探鳥会が開催された。講師としてたーぼさんこと石丸喜晴先生が東京から来られた。ケアンズへ一緒に行った仲間と久しぶりに会い行った。探鳥場所の甲子園浜は大勢のバーダーが集まって賑わっていた。

 ここで撮影できたのはダイゼンだ。中型のチドリで、干潟をあちこち走り回っていた。ダイゼンは夏羽になると胸から腹にかけて真っ黒になるが、まだ冬羽なので白い。シギやチドリの判定は難しい。どれも似たような模様の上、冬と夏では全く違う色になっている鳥も多いのだ。(動画はここをクリック

   夏来れば 夏の色に 変わる羽 ダイゼンの羽 いまだ冬色
   立ち止まれば せわしく尾羽を 振りながら
                 ダイゼン俄か 走りて啄ばむ

                     引地貞子(那智勝浦町)
[PR]
by ja3cf | 2006-05-05 10:18 | シギ・チドリ

ダイシャクシギ

c0047906_2233559.jpg
 先日、チュウシャクシギを紹介したが、この鳥より大きくてくちばしが長いのがダイシャクシギ。大阪府忠岡町の大津川河口で撮影した。干潟を長いくちばしであちこち砂地をつつきながらカニを捕っている。(動画はここをクリック

ダイシャクシギの 長きくちばし 折れるがに 見えて中州に 蟹を漁りぬ
                        引地貞子(那智勝浦町)
[PR]
by ja3cf | 2006-04-30 22:45 | シギ・チドリ

チュウシャクシギ

c0047906_21323039.jpg
 桜の季節が過ぎ新緑がきれいになった。野鳥の世界にも春が来て渡り鳥がやってきた。近くの海岸が大潮で広大な干潟が広がった。しかし、昔と違い野鳥は極端に少ない。

 だが、よく目をこらして見ていたら、チュウシャクシギを見つけた。数十メートル先だと干潟の色にとけ込んで双眼鏡でも見つけにくいくらいだ。長いくちばしを穴に突っ込んでカニを捕っていた。他にも野鳥がないかよく見たがアオサギ、コサギなどしか見つからなかった。(動画はここをクリック

 季は移り 新緑映ゆる 海の辺に 今日は渡り鳥の シギに出会えり 
 広大なる 干潟の色に 紛れつつ チュウシャクシギは 蟹を 啄ばむ
 長きくちばし 深々とさし チュウシャクシギ 干潟にひそむ 獲物を漁る
                         引地貞子(那智勝浦町)
[PR]
by ja3cf | 2006-04-26 22:09 | シギ・チドリ

久しぶりにケリ

c0047906_030224.jpg
 タゲリを追っかけていつもの池に行くが見つからず。コチドリとサギ、それにカラスしかなくてがっかり。

 突然、ケケケーという鳴き声で飛んできたのはこのケリ。チドリの仲間では一番大きい。いつも単独で行動している。黄色いくちばしと赤いオメメがかわいい。雨上がりの週末、だいぶん距離があり陽炎が出て画面がゆらいでいる。(動画はここをクリック

  黄と黒に 分かれし嘴 赤き目の ケリ美しき 陽炎の池に
                    引地貞子(那智勝浦町)
[PR]
by ja3cf | 2006-01-21 23:58 | シギ・チドリ

タゲリのアップ

c0047906_21373446.jpg
 週末にタゲリを撮せなかったので、先に大きく写したのをお見せしよう。ピントが甘く、カラーバランスが崩れて没にしていたのだが・・・。

 この鳥は動きは激しくないが、よく観察するとときどき頭を上下に動かす習性があることがわかる。アップすると背中の色に光沢があってきれいだ。ピンと立った冠羽とともに気品のある風格なので人気がある野鳥だ。(動画はここをクリック

   艶やかに 光る羽毛の美しき タゲリ歩めり 風格もちて
                      引地貞子(那智勝浦町)
[PR]
by ja3cf | 2006-01-10 21:49 | シギ・チドリ