カテゴリ:ウグイス科( 19 )

オオヨシキリの高鳴き

 今年もヨシ原でオオヨシキリが盛んに鳴いている季節になった。ヨシの先に揺られながら大きな声で縄張り宣言をしている。
c0047906_2128594.jpg



 CANONのSX50HSというデジカメで超望遠の1200mm(50倍)で手持ち撮影した。柵にもたれて固定したが、結構使えることがわかった。

   葦の穂に 揺るるヨシキリ 大口を 開きて囀る 縄張り宣言
                     引地貞子(那智勝浦町)
[PR]
by ja3cf | 2013-05-31 21:20 | ウグイス科

キクイタダキ

 いつも散歩に行く公園に老木の松がある。この木の中に小さな鳥がチョロチョロ動いている。国内で見ることができる一番小さい鳥(10cm)といわれるキクイタダキだ。何度も撮影にチャレンジするが、茂みの中なのでシルエットでしか写せない。

 数日後注意しながら見ていると、松の木から出てきた。急ぎカメラを取り出しやっと撮影ができた。しかし、すぐに飛び去ったのでワンチャンスの撮影だった。名前の通り、頭が黄色くて菊の花みたいでこの名前がついたようだ。
c0047906_1523596.jpg
  松の老木に ちらちら見ゆる キクイタダキ 国内一番 小さき小鳥
  いただきに 菊乗る如き 色合いの キクイタダキは 老木に遊ぶ

                       引地貞子(那智勝浦町)
[PR]
by ja3cf | 2013-02-23 15:19 | ウグイス科

セッカの2つの鳴き声

 夏の時期に草地で鳴き声がよく聞かれるセッカ。この鳥の面白いところは、下降するときや止まっているときと、飛び上がるときや飛行中の鳴き声の違うのだ。止まっているときや下降するときは「チャチャ チャチャ・・・」で、飛び上がるときと飛行中は「ヒィヒィ ヒィ・・・」と鳴く。
c0047906_11382359.jpg
 今回は柵に止まっているところを撮影したが、この2種類の鳴き方を記録できたのでじっくりお聞かせしよう。



  夏の季節 野原で聞こゆる セッカの声 上昇下降の 鳴き声違う(たがう)
  チャツチャツチャツ 頻りに囀る セッカに会う 夏の野原に 鳴き声透る

                          引地貞子(那智勝浦町)
[PR]
by ja3cf | 2012-06-30 11:42 | ウグイス科

ウグイスの鳴き声 ③

 この時期、毎年観察に行く場所がある。期待していたオオルリは、撮影できなかった。ここで見つけたウグイスだが、あまり上手な鳴き声ではなかったが、オオルリの鳴き声と一緒に紹介しよう。

 「うぐいす色」といわれるが、実際のウグイスはこのように地味な色である。この色で、たいていは梢の中でさえずるので、鳴き声はよく聞くなじみのある鳥だが見つけるのは難しい。毎年ウグイスを追っかけるが、なかなか捉えられない。市街地でも鳴いているが、車の音など雑音が入りクリヤーな音の収録はできない。今年はこれで我慢しようか。
c0047906_16471766.jpg



 他の「ウグイスの鳴き声」はここをクリックで見ることができる。

  オオルリと 唱和のウグイス 鳴き声の いまだ幼き 五月の木陰
  上手とは 云えぬ鳴き声 ウグイスの 落ち着かぬ動き 青葉のなかに
  新緑の なかに紛れて 枝のへ(上)の ウグイスの声 森にひびけり

                        引地貞子(那智勝浦町)
[PR]
by ja3cf | 2012-05-16 16:48 | ウグイス科

オオヨシキリが鳴く

 梅雨の晴れ間、久米田池愛鳥会の探鳥会で撮影したオオヨシキリ。ゆれるヨシにしがみつき大きな声で鳴いている。毎年この時期に見られる風物詩だ。あちこちから鳴いているが、なかなか撮影に適したところへ止まってくれない。それに今年はヨシの枯れ草が多く、見つけづらい。

 1時間半がんばったが、枝隠れが多い。その中から見やすいのを掲載しよう。真っ赤な口を大きく開けて、精一杯自己主張をしている。
c0047906_8413612.jpg


  久々に 訪ねて来たる 久米田池 オオヨシキリは 見えがたくあり
  あまた(数多)立つ ヨシの枯れ草 揺らしつつ
                     オオヨシキリ鳴く 赤き嘴

                       引地貞子(那智勝浦町)

追記) 久しぶりにこの動画へYoutubeから「栄誉」が2つついた。
[PR]
by ja3cf | 2011-06-21 08:42 | ウグイス科

オオヨシキリの抱卵

c0047906_946019.jpg
 数週間前、公園となっている池の遊歩道そばでオオヨシキリの巣があった。観察していたら親鳥がやってきて巣ごもった。どうやら産卵しているようだ。数分間で飛び去ったが、出たり入ったりを繰り返している。

 最近、友人のレポートによれば、無事雛が誕生しているとのこと。よかった。ではそのとき撮影した動画をお見せしよう。



  池の辺の 葦むら揺るる 枝のあわい(間)オオヨシキリの
                         抱卵見つけり
  ゆりかごの 如き巣のなか オオヨシキリ 
               「おーい」と呼ぶがに 口開きおり
  日の経ちて 嬉しいニュース オオヨシキリの
                  ひな誕生すと 友からの便り

                     引地貞子(那智勝浦町)
[PR]
by ja3cf | 2010-07-21 10:14 | ウグイス科

アクセス10万回を突破!

 野鳥撮影は夏枯れで見るべき画像は少ないが、私にとっては嬉しいニュースがあった。YouTubeへ3年前に掲載した「ウグイスの鳴き声」が今日再生回数が10万回を突破したのだ。掲載当初は普通だったが、昨年から火がつき急速にアクセスが延びてきた。
c0047906_9545189.jpg
 評価も100を越え、海外からのアクセスが多い。ウグイスは日本を中心に東南アジアに生息しており、欧米では見ることのできない鳥なのだ。それで私たちにとっては身近な鳴き声が、彼らには新鮮なようだ。それに、この鳥は茂みの中でさえずるので「声はすれども姿が見えず」で、「初めて鳴いている姿を見た」というコメントを多く貰っている。

 GoogleやYahoo!などの検索サイトで「ウグイスの鳴き声」と入力すると、このサイトが常にトップで紹介されているのに驚いた。趣味で掲載した動画が、皆さんのお役に立っているのだと考えると嬉しいことだ。今後何処まで延びるのか楽しみだ。

  欧米では 見ること叶わぬ 鳥という
                ウグイスのアクセス 10万を超ゆ
  この先も どこまで伸びる アクセス数 楽しみて見ん
                      「ウグイスの鳴き声」
  梅雨の晴れ間 朝日きらめく 背戸山に ウグイスの鳴く
                         ホトトギス鳴く

                      引地貞子(那智勝浦町)
[PR]
by ja3cf | 2010-07-17 23:46 | ウグイス科

ヤブサメに出会う

 公園での探鳥会で初めてヤブサメを見ることができた。ウグイス科の鳥でメジロよりも小さく全長僅か11cm。日本で見られる鳥で一番小さいキクイタダキに次ぐ大きさだ。暗い場所が好きで、ちょこちょこと地面をつついて移動するが地味な色なので探しにくい。動画撮影も試みたが、残念ながらピントが合ってなかった。
c0047906_1949465.jpg
c0047906_1951491.jpg

  暗き場所 好む小さき ヤブサメに 始めて出会う 公園に来て
                     引地貞子(那智勝浦町)
[PR]
by ja3cf | 2010-04-26 19:55 | ウグイス科

オオヨシキリの大声

 今年も河原でオオヨシキリの鳴き声が聞かれるシーズンとなってきた。アシのてっぺんで風に吹かれてユーラユラしながら口いっぱい広げてなわばり宣言をしている。お口の中は真っ赤か。


 ブランコに 揺られる如く 芦の穂に オオヨシキリの 囀りしきる
 揺れに揺るる 芦に縋りて オオヨシキリ 真っ赤なお口 開いて歌う

                       引地貞子(那智勝浦町)
[PR]
by ja3cf | 2009-05-11 23:17 | ウグイス科

ウグイスのたにわたり

 初夏になって小鳥のさえずりが多く聞かれるようになった。中でもウグイスとオオヨシキリが目立った鳴き声だ。いつも行く河川敷の公園で撮影したウグイス。突然「たにわたり」の鳴き方になって辺りをキョロキョロして飛び去った。これは警戒した鳴き方だろうか。



いつも行く 河川敷なる 公園に ウグイスを撮り 「たにわたり」聞く
蔦の巻く 枝に揺れつつ ウグイスの 「たにわたり」つづく 動き忙しく

                        引地貞子(那智勝浦町)
[PR]
by ja3cf | 2009-05-05 20:34 | ウグイス科