カテゴリ:ハタオリドリ科( 4 )

ニュウナイスズメの集団

 刈り取り直前の田んぼに、ニュウナイスズメが数十羽の集団で稲穂をつついている。形・大きさは、普通のスズメと同じだ。違うところは、口の周りの黒い部分がなく、首の白いリングもない。
c0047906_23335670.jpg



  収穫の 近づく実り田 集団の ニューナイスズメ 稲穂ついばむ
  刈り取りの 近づく田に来て ニューナイスズメ
              垂るる稲穂に 数多(あまた)群れおり

                      引地貞子(那智勝浦町)

注)
 嬉しいことに、この動画のYouTube公開20時間後に高評価5がつき、栄誉(4)が与えられた。
 #71 – 話題の動画 (今日) – ペットと動物
 #37 – お気に入り登録数の多い動画 (今日) – ペットと動物
 #104 – お気に入り登録数の多い動画 (今週) – ペットと動物
 #28 – 評価の高い動画 (今日) – ペットと動物
[PR]
by ja3cf | 2011-10-31 23:38 | ハタオリドリ科

ニュウナイスズメ

c0047906_80546.jpg
 戸隠高原で撮影したニュウナイスズメ。普通のスズメより頭の部分の茶色が多い。アカゲラの開けた穴を利用して目下子育て中だ。虫をくわえてせっせと巣穴に運んでいる。



 アカゲラの 空けし巣穴で 子育てす 色鮮やかな ニューナイスズメ 
 虫咥え しばらく周り 警戒し ニューナイスズメ 巣穴に入る

                       引地貞子(那智勝浦町)
[PR]
by ja3cf | 2010-08-19 08:04 | ハタオリドリ科

2010年初撮り

 2010年の初撮り。天気がよいので自宅前で鳴いているスズメを撮影した。高速シャッターを切ると、いつも見慣れたスズメも羽を広げて飛ぶ姿は結構優雅だ。
c0047906_1153049.jpg
c0047906_1154881.jpg
 スズメは人と密接した野鳥だ。廃屋になった集落ではスズメもいなくなるそうだ。

  体操の 競技みる如 思いっきり 羽を広げる 雀愛らし
  峡の田原に 群れて飛びいし 村雀 日本の国より 減り行くと言う

                       引地貞子(那智勝浦町)
[PR]
by ja3cf | 2010-01-04 11:09 | ハタオリドリ科

スズメ1

c0047906_17462735.jpg
 先に紹介したツバメとともに身近にいる野鳥はスズメ。人の住んでいるところではどこでも見ることができる。一茶の有名な俳句もあるように日本人には昔から好かれている野鳥で、スズメだけのウェブやブログも結構多い。

 よく散歩に行く和歌山城公園に野生のビワの木がある。小さな実がたわわに色づいているので、今日撮影機材を持って観察に行った。同じように実がなっているビワの木が4本あるのに鳥が来ているのはそのうちの1本だけ。他の木とどう違うのか鳥の心はさっぱりわからない。

 1時間ばかりウォッチングしたが、来ている野鳥は1羽を除いてスズメばかり。しかし、たかがスズメでも木の実をつついている姿は結構風情があって絵になるなぁ。(動画はここをクリック

 和歌山城公園にきて 囀りは雀ばかりなり 枇杷の実 啄ばむ
 他のビワには 見向きもせずに 一本の ビワの実つつく 雀を見たり

                       引地貞子(那智勝浦町)

人気blogランキングへ
[PR]
by ja3cf | 2005-06-12 21:00 | ハタオリドリ科