カテゴリ:ハイビジョン撮影( 51 )

QSV対応のノートパソコン

 クイックシンクビデオ(QSV)は画期的なスピードでハイビジョンビデオ編集をできることがわかった。そこでネットでQSVが対応するノートパソコンを調べてみた。そこで引っかかったのは、マウスコンピューターの「LB-T500X2」。Core i7-2630QMを採用するA4オールインワンノートPC。
e0120230_15522052.jpg
 このPCの紹介は「マイナミ ニュース」に詳しく掲載されている。記事によれば、このPCはNVIDIAのビデオチップ(GPU)が搭載されているが、簡単にCPU内部のGPUと外部GPUを切り替え可能となっているそうだ。詳しくは記事を見てもらいたいが、79,930円でこの機能を使えるのは嬉しいことだ。
[PR]
by ja3cf | 2012-02-02 17:33 | ハイビジョン撮影

Quick Sync Video が快適に!

 新しいディスクトップがやっと動き出した。今回のPCはHDビデオ編集を最優先に設定をした。友人たちに Quick Sync Video(QSV) を使えるPCを勧めておきながら、自分ではまだ体験をしていなかった。そこで手元へ届いたとき、真っ先にその実験をしてみた。無事に動いた、やっぱり速い!

 テストのため6フレームをつないで1分間の作品を作ってみた。EDIUS Neo 3.05をインストールしてQSVをオンでエンコードした。なんと僅か25秒でファイルが出来上がった。比較としてソフトで実行したら3分27秒かかった。ソフトでもやっぱり速い。古いPCでは5分はかかっていた。それにCPUへの負荷は、ソフトではほぼ100%だったが、QSVでは35%程度だった。

 では、今回購入したディスクトップの主な仕様を紹介しよう。
  CPU        CORE i7-2700K  3.50GHz
  マザーボード    ASUS Z68 チップセット
  メモリー      8GB (DDR3)
  HDD         1TB
  ドライブ      Blu-ray (12倍速)
  OS         Windows 7 Home Premium (64ビット版)
  増設端子      iLINK端子、前面へUSB3.0端子2個
  (購入費用はキーボードやディスプレーはなく本体だけで115,000円)

 気になっていたが、タイの洪水の影響で2TBのHDDは品切れ、やむなく1TBにした以外は予定通りのスペックで組むことができた。これでパフォーマンスを見てみたら5.9となっており、ディスクのデータ転送速度が一番低い値になっている。
c0047906_16175049.jpg
 では、QSVを使う具体的な注意点を書いておく。
 1.インテル CORE i-2000シリーズのCPUを使用する
 2.チップセットはH67またはZ68を使うこと
 3.ビデオ編集ソフトはEDIUS Neo 3またはEDIUS 6を使用する
   (Neo 3 ではVer.3.01以上にバージョンアップのこと)
 4.ファイルへ書き出し時に「ハードウェアエンコードを使用する」に
   チェックを入れる(下図参照)
c0047906_16303081.jpg
 以上の条件に当てはまれば、5万台のノートパソコンでもQSVが動作するそうだ。しかも、ハードで動くのでCPUの性能とあまり関係がなく、快速にエンコードができるようだ。最近のノートパソコンを購入された人は試してみては如何。
[PR]
by ja3cf | 2012-01-16 15:39 | ハイビジョン撮影

SLIKのレベリングユニット

 足腰が弱ってくると、フィールドに出けるのにできるだけ軽い機材を求めるようになった。カーボン三脚とGITZOのGH1720QRを使っているが、いずれの機材にもレベラーがついていない。それに水平の調整が脚の出し入れでするためスムースにできない。そこでレベル調整にMonfrottoの438を使っているが、頑丈だが大きくて重い。
c0047906_19401268.jpg
 もう少し軽くて小さいものがないか探していた。見つかった!。SILKから昨年末に発売した「LEVELING UNIT プロ500HD-LV」という商品だ。±5%しか動かせないが、使ってみたらこれで十分だ。
c0047906_16285195.jpg
 コンデジや一眼レフのビデオ機能が充実してきた。デジカメでビデオ撮影に目覚めた人も多いと思う。写真用の三脚だと、水平を取るのが厄介だ。その人たちにこのレベリングユニットはおすすめできる。

 最近は大型テレビに動画を映すことが普通になった。いままで以上にきっちり水平を取らないと見苦しい画面となるので注意しよう。もっと詳しく知りたい人はSLIKの製品情報のページを見て。
[PR]
by ja3cf | 2011-08-23 16:39 | ハイビジョン撮影

30倍ズームで手持ち撮影する

 HX100Vの手ブレ補正はズームアップでもかなり効果がある。そこで、非常識だがズームを最大の30倍にしてどれだけ耐えられるかテストしてみた。河川敷の公園に降りていたヒバリをズーム最大にして手持ち撮影をした。ソニーの新製品だけあって光学式アクティブ手ブレ補正はかなり効いており、そのままでも何とか見ることのできる画面となった。後半はEDIUS Neo 3に付属するソフトで60%の手ぶれ補正を掛けてみた。この画面だと十分実用になる。



 まだ使い始めて間もないので、このカメラの機能はよくわかっていないが、野鳥撮影のサブカメラとして結構使えることがわかった。不満な点は、SDHDカードに32GBのClass10を使っているが、それでも連写の書き込みが遅く、少々いらいらする。しかし、画質もそこそこよいので、しばらくはこのカメラで遊ぶことにしよう。

  ズームアップ 30倍にてヒバリ撮る 手ぶれ補正も 効果みられて
  新しき カメラでしばらく遊ぼうと 今日も出掛けし 河川敷まで

                      引地貞子(那智勝浦町)
[PR]
by ja3cf | 2011-06-15 22:24 | ハイビジョン撮影

Sony HX100V を使う

c0047906_9261678.jpg いつもコメントをいただくJH3EXGさんにソニーのデジカメDSC-HX100Vが面白いよと教えてもらった。カタログを見ると、一眼レフを小型にしたタイプのコンデジだが、30倍のズームで高速焦合と1秒間に10枚の連写が1680万画素でできるとある。それにハイHDの1080p撮影ができるというのが気になり購入した。
c0047906_9315047.jpg
 昨日、約30メーターほど離れたロープに止まっていたツバメが飛び立つ瞬間を狙った。10枚の画像で一番よいポーズを選んだのがこの画像だ(原寸大はここをクリック)。まだ使いはじめでまったく慣れていないが結構使えることがわかった。動画は次回に紹介しよう。

 高機能の デジタルカメラ 慣れぬまま ツバメを狙う 結構満足
 梅雨晴れ間 30メートル 離れたる ツバメ飛び立つ 瞬間を撮る

                      引地貞子(那智勝浦町)
[PR]
by ja3cf | 2011-06-13 09:29 | ハイビジョン撮影

EDIUS Neo 3 を使う

 今まで使っていたEDIUS Neo 2 BOOSTER がバージョンアップしてEDIUS NEO 3 となって発売された。早速購入してインストールした。編集画面上はほとんど変化がない。いくつかの新機能があるが、一番嬉しいのは、フル画面のプレビューだ。今まで編集途中でチェックするときは、できるだけプレビュー画面を大きく広げて見ていた。
e0120230_1334245.jpg
 新しいバージョンではプレビュー画面をダブルクリックすると全面で表示される。その上、新バージョンでは機能が強化されているので、フルハイビジョンの映像でもスムースに表示される。試みにCore i3-330M の64Bitノートパソコンにインストールしてみた。こんな低スペックのノートPCでも、フルハイビジョンの編集でタイトルやBGMの挿入などが問題なくできた。

 このバージョンからは現在発売されているカメラのほとんどの形式がサポートされるようになった。ひとつ気になることは「声の職人」がプラグインできないことで、メーカーに問い合わせたら今までのものは使えなくて新しく発売する「声の職人」を使ってくれとのこと。これには驚いた、最近買ったばかりで、まだ本格的に使っていないのだ。無償バージョンアップで使えるようにすべきではないか、強く抗議したい。
[PR]
by ja3cf | 2010-12-11 14:14 | ハイビジョン撮影

高倍率GH350をテストする

 年齢とともに足腰が弱ってきた。好きな野鳥撮影も、大きなカメラと三脚を持っての移動はきびしくなっている。そこで小型軽量で高倍率のビデオカメラを探していた。最近発売になったビクターのGZ-HM350が小型ながら36倍ズームを搭載している。ネットで価格を調べたら3.5万円となっていたので、早速取り寄せた。
c0047906_15523650.jpg
 さすが36倍ズームは凄い。肉眼ではっきりわからないものもドーンとアップする。高倍率で気になる色収差もあまり目立たず、画質もまずまずで十分使える。

 ではその威力をお見せしよう。最高倍率で撮影していたアオサギがカメラを引くとみるみる小さくなってしまう。



 嬉しいことにこのカメラには37mm口径のフィルターねじが切ってあるので、手持ちのテレコンが使える。それを付けて撮影した動画から落とした静止画をトリミングなしでお見せしよう。(縮小はしている)
c0047906_17234167.jpg

  軽量にて 高倍率の ビデオカメラ 見にくき鳥も どーんとアップ
  36倍 ズームの威力 まのあたり 画面のアオサギ 草に紛れり
  アオサギは 何を思うや 広々と したる平池に 肩落とし立つ

                       引地貞子(那智勝浦町)

追記)
 この動画について久しぶりにYouTubeから栄誉2つが与えられた。
[PR]
by ja3cf | 2010-10-31 15:54 | ハイビジョン撮影

NHKでビデスコが大写しに

 今夜放映されたNHKの人気番組、『ダーウィンが来た!』生きもの新伝説「命あふれる日本・タカがタカを襲う!?里山の攻防」をご覧になりましたか。

 ここでサシバの巣を遠くから狙っていたカメラは、何と私が使っているのと同じシステムだったので嬉しくなった。その部分をここに掲載しよう。
c0047906_21432894.jpg
 この画面から見ると、スコープはKOWAのTSN-884でこれに取り付けているのはソニーのビデオカメラHDR-XR550Vのようだ。プロの世界でもデジスコやビデスコが使われていると聞いたが、こんなに大写しで見るのは初めてだ。
c0047906_2245386.jpg
  NHK ビデスコ画面に 大写し 我がシステムと 同じで親しき
                      引地貞子(那智勝浦町)
[PR]
by ja3cf | 2010-10-17 22:07 | ハイビジョン撮影

ソニーのレンズ交換式ビデオカメラ

 かねて予告していたソニーのレンズ交換式HDビデオカメラ「Handycam NEX-VG10」が発表された。このカメラは、先に発売した1眼カメラ「NEX-5」「NEX-3」と同じAPS-Cサイズの大判センサーを採用したビデオカメラなのだ。
c0047906_20532491.jpg
 ソニーのWebにこのカメラで撮影した動画を掲載している。さすが大きな撮像素子APS-Cを使っているだけあってボケ味が何ともいえない美しさだ。動画記録レートもソニーとして初めての24Mbpsも採用している。価格は標準レンズ付きで20万円程度だそうだ。詳しくはソニーのプレスリリースを見て。

 http://www.sony.jp/CorporateCruise/Press/201008/10-0805/
[PR]
by ja3cf | 2010-08-05 21:02 | ハイビジョン撮影

TX7のパノラマ画像で動画を作る

 探鳥会で岸和田の公園へ行くが大した収穫はなかった。ここでソニーのデジカメTX7でテスト撮影をした。このカメラにはシャッターボタンを押して横に動かすだけでパノラマ写真ができる機能が付いている。大きさは4912×1080で、鮮明な横長の静止画だ。これは便利だ。

 縦は1080ということはハイビジョン規格と同じではないか気づいた。それならこれを使ってハイビジョン動画を作ろうと、EDIUS Neo 2 Booster で編集してみた。なかなかいい感じだ。この機能は、ビデオ撮影で結構使えることがわかった。



 ハイビジョンの 動画に広ごる 公園の 静もる樹木や 寄り添う人影
                       引地貞子(那智勝浦町)

追記)この動画にも栄誉3つが与えたれた。
[PR]
by ja3cf | 2010-04-11 22:45 | ハイビジョン撮影