カテゴリ:ハイビジョン撮影( 51 )

Full HD の小型デジカメ TX7

 愛用していたデジカメを孫娘に取られてしまった。パナソニックのDMC-FT1で1280×720のハイビジョン撮影と防水機能もあって結構気に入っていた。そこで新しいのは何がよいか物色して決めたのがDSC-TX7。これはこの3月にソニーが発売した小型デジカメで、フルハイビジョン撮影できるのが売りだ。

 ビデオマニアとしてはフルハイビジョンという言葉に弱い。本当にこんな小型カメラで撮影ができるのだろうか。早速購入してサクラが満開の和歌山城へ行く。結構いい感じで確かに高画質だ。(1080pに設定するとフルハイビジョンの最高画質で見ることができる)

(高速回線接続のとき、右下の「全面表示」をクリックし、右下の「360p」を「720p」または「1080p」に切り替えることで全画面の高画質で見ることができる)

 愛用のカメラは 愛する孫娘に 取られてしまいぬ 嬉しい悲鳴
 フルハイビジョン 小型デジカメ 持ちて来し 和歌山城は さくら満開
 鮮やかに 満開のさくら 映し出す 画面幾たび 今日はお花見

                       引地貞子(那智勝浦町)

追記)この動画に栄誉3つが与えられた。
[PR]
by ja3cf | 2010-04-04 12:12 | ハイビジョン撮影

FIRECODER Blu を導入する

 EDIUS Neo 2 Booster が発表されてフルハイビジョンの編集作業は快適になった。しかし、ディスク作成にすごく時間がかかる。特に複数の動画ファイルをまとめてディスクに書き込むときは実時間の4倍ほどもかかる。CPUの稼働状況を調べてみると、ほぼフルに機能しているのだが・・・。

 この状態で使っていたが、保存するべく複数の動画ファイルの一部に不具合があるらしい。何時間も待たされたあげく「トラブルが発生しましたので書き込みを中止します」のメッセージとともにブルーレイ・ディスクがパーになることが重なった。これにはもうストレスが貯まるばかりだ。

c0047906_10152122.jpg そこでかねて検討していたトムソン・カノープスの「FIRECODER Blu」を購入することにした。これはハードウェア動画コーデック変換ボードで、動画データを高速エンコードしてくれる。早速動画編集に使っているデスクトップのケースを取り外してボードをセットした。

 これでEDIUS Neoでこのボードを使える環境になった。試してみるとさすがは速い。フルハイビジョンの動画データを実時間以下でファイルにしてくれる。いままでは数分の作品でも保存に1時間以上もかかっていたのだ。

 すっかり気をよくしてディスクに焼いてみた。速い!いままでのことを考えるとあっという間にできあがる感じだ。最初はハードに付属のソフトを使ったがどうも使い勝手が悪い。そこでいつも使う「ムービーライター7」を使ってみた。これでもファイヤーコーダー・ブルーが有効に働き、短時間でディスクが作れるようになった。これでやっと以前のSD編集の作業環境と同じ感覚になったといえる。
[PR]
by ja3cf | 2010-01-09 11:03 | ハイビジョン撮影

2TBのHDDを増設する

 ハイビジョンカメラがメモリーカードやHDDが主流になって、撮影したビデオと静止画を一括してパソコンで管理するようになった。昨年はUSB接続の外付け1TBのHDDを増設した。それが以前に撮影したHDVも動画ファイルとして収納したため1年でほぼ満杯になってしまった。それにUSB接続のHDDは、スピードが遅くてハイビジョン編集に使えず、もっぱら保存だけだった。

 そこで今度はUSB接続はやめることにした。eSATAという外付け方式もあるのだが、パソコンの内部は結構空いているので内蔵のHDDを探すことにした。ネットで検索してみたら最近になって2TBが出回っている。それもバルク品だと14,000円を切る価格で入手できるとあって飛びついた。

 ネット通販は本当にスピードが早く夕方注文したのに、翌日の午前中にもう関東から手元に届いた。現物を見てあわてた、取り付け端子が違う!。そう、いままで使っていたIDE(ATA)ではなくて、シリアルATA(SATA)なのだ。

 編集に使っているPCはGatewayのFX4710-JB002Aで1年あまりになる。これに搭載しているHDDはIDEだった。リファレンスガイド(マニュアル)を見てもSATAインターフェースのあることは書かれていない。しかし、DVDドライブをBDに変更したときにSATA接続だったことを思い出した。
c0047906_9175872.jpg
 ケースをはずして調べると、確かにSATAポートが4個設置されている。そこでSATAケーブルと電源ケーブルを購入して取り付けた。おもむろに電源を入れたがそのままでは認識しない。「ディスクの管理」-「ディスクの初期化」でフォマットする。2TBもあるとかなり時間がかかったが、やっと正常に使えるようになった。さすがは広いし快適なスピードだ。
[PR]
by ja3cf | 2009-12-15 09:28 | ハイビジョン撮影

EDIUS Neo 2 Booster に感激だが・・・

c0047906_12312961.jpg ビデオ編集にメインとして使っている「EDIUS Neo 2」が新たに「EDIUS Neo 2 Booster」として生まれ変わった。今回追加された機能は、AVCHDをネイティーブで編集できることだ。早速アップグレード版を購入して使ってみた。

 AVCHDのフルHD(1920×1080)のファイルを取り込んで編集した。すごく快適に編集ができる、HQコーディックと同じ感覚だ。これは感激!。まさかこんなにスムースに動くとは思いもよらなかった。というのも、プレミアプロCS4もネイティブ編集ができるとある。これを使っているが私のパソコンでは駒落ちして正常に表示ができない。このソフトもその程度ではと・・・大きな期待を持たなかったのだ。

 いま使っているPCはCore 2 Quad (Q9450)だが、タイトルとトランジション部分もスムースに表示する。しかし、疑問点が出てきた。できあがった作品をAVCHDファイルに書き出すとき、時間がかかるのだ。調べてみるとカット編集だけでも3倍、タイトルやエフェクトなど加工しているところが多いとそれ以上もかかる。HDV(m2t)ファイルのネイティーブ編集だとファイル保存に実時間程度で完了するのだが・・・・。

 「Blu-ray用エクスポータプラグイン」以外のAVCHDモードを選択してもこれ以上の時間がかかる。これはネイティーブな部分も再エンコードしているのではないかと疑問がわいてきた。メーカーの技術サポートに問い合わせてみると、やっぱりその通りだとのこと。ファイルではなくBDに保存するときはそのまま書き込むのでそうして欲しいと。

 しかし、私たちの作品は10分以下のものが多く、一枚のBDに一作品だけ保存するのは無駄だ。いくつかの作品を集めて一枚のディスクに入れるのが普通である。折角ネイティーブで編集しているのだから、加工していない部分はオリジナルまま保存できるようにぜひ改善して欲しい。そうすれば処理時間が短縮するし、画質もよいのだから。
[PR]
by ja3cf | 2009-12-02 09:33 | ハイビジョン撮影

HDCPの不便なこと

 デジタル放送になって、テレビ録画がすごくやっかいになった。アナログ放送と違いデジタルでは録画した画質のままで何度でもコピーができる。そのため著作権保護機能がすごく強力になっているのだ。すべての機器がHDCP対応でなければ使用できなくなっている。現在使用しているパソコンはハイジョン編集用なので、総合パフォーマンスは最高値の5.9になっている。

 このマシンでブルーレイの録画再生をしたいとBDドライブを取り付けた。ドライブはIOデータの8倍速の内蔵品で、DVDドライブを取り外して交換した。ついでに再生ソフトも最新の「CyberLink PowerDVD 9 Ultraバージョン」を購入した。このシステムでBDレコーダーで作成したAVCRECのDVDを再生してみたら絵が出てこない。
c0047906_17202157.jpg
 「ウッ!何で?」と、今度はブルーレイのテレビ録画したディスクを再生してみてもやっぱり同じで最初の数秒で終了する。検証ソフトを走らせてみてやっとわかった。使っているディスプレーがHDCPに対応していないためだと。古いディスプレーではないのでまったく気にしていなかったが、ここまでチェックしているとは・・・。考えてみたらここへもデジタル信号が出ているので、厳しくチェックしているのだ。

 試みにHDCP対応のディスプレーを借りてきてテストしたらバッチリだ。現用品はまだ古くないので買い換えるのもしゃくだ。しばらくはパソコンでテレビ録画を見るのは我慢することにしよう。
[PR]
by ja3cf | 2009-11-09 02:57 | ハイビジョン撮影

CX520Vの手持ち撮影テスト

c0047906_9433251.jpg
 サブカメラとして使っていたCX7を手放したので、ソニーの新製品HDR-CX520Vを購入した。このカメラは手ぶれ補正が10倍強力になったということでベストセラーになっているXR520/500Vより更に強化されているとこと。(詳しくはSonyのWebで)

 早速、このカメラを持って撮影に出かけた。ワイド側の手持ち撮影では、振り回さなければ全くぶれない。しからば、ズームアップしたらどうかと動く被写体を探した。ちょうど、水上スキーの練習ボートが来たのでそれを追っかけた。これはすごい!手持ちでも結構安定している。
 
(高速回線接続のとき、画面を2度クリックでYouTubeへ移動し、右下のHDをクリックすることで大きな画面の高画質で見ることができる)

 手ぶれ補正 10倍強化の カメラにて 水上スキーの 転倒キャッチす
                         引地貞子(那智勝浦町)
[PR]
by ja3cf | 2009-08-10 22:03 | ハイビジョン撮影

こんなHDカメラを見つけた

c0047906_20233319.jpg ネットで検索していたらこんなカメラを見つけた。「ポケットムービーHDV POMOHDV2」といい、本体は超小型で軽さわずか95g。SDカードにハイビジョン記録ができ、データ転送も簡単。サンプル映像で見る限り結構鮮明に映っている。画素数は1280X720と思われる。

 価格は13,545円で、こちらから購入できる。
[PR]
by ja3cf | 2009-08-04 20:46 | ハイビジョン撮影

気になるHS300の機能

c0047906_9215154.jpg
 先にビデスコ用ビデオカメラとしてソニーのXR520V(500V)が最適と書いた。実際に使っていままでのどのカメラよりも気に入っている。

 最近は次々と新しいカメラが発売されている。その中で、パナソニックの最新のカメラHDC-HS300が気になって調べてみた。いろんな機能が搭載しているが、ビデスコとして便利と思うのは次の2点だ。
c0047906_19501141.jpg
 ★追っかけフォーカス
  顔認識システムは各メーカー
  のカメラに搭載されているが
  このカメラは顔だけでなく、
  色や物でも画面タッチで追従
  するする。ということは野鳥
  もロックして追従するので、
  動き回る鳥には嬉しい機能
  だ。
 ★マニュアルフォーカス
  ビデスコは合焦はオートではなく、スコープのノブを調整する。しかし、
  微調整はカメラでマニュアルフォーカスすることがある。このカメラは
  前面リングで調整できる。拡大フォーカスをオンにして、リングを回す
  と画面中央が拡大表示されるそうだ。ノブが大きく、拡大画面を見て回
  せるのがよい。

 これらの機能はビデスコにはかなり便利だ。どなたか実際にビデスコとして使っている人がおれば、レポートして欲しい。

  ビデスコに 大変便利 追っかけフオーカス
               マニュアルフオーカス 機能のカメラ

                      引地貞子(那智勝浦町)
[PR]
by ja3cf | 2009-04-09 12:21 | ハイビジョン撮影

コンパクトなHDカメラ Lumix FT1

c0047906_811277.jpg 気軽に携帯できるカメラとして長らくソニーの Cyber-shot DSC-T7を使っていた。電池が古くなって使えなくなったのを機会に新しいのを探していた。最近のカメラは静止画と動画の区別がなくなり、デジカメでも高画質の動画撮影ができるようになった。

 小型軽量で高画質動画撮影可能という条件で探しているとソニーのDSC-T900パナソニックのFT1が発売された。いずれもコンパクトデジカメながら720Pのハイビジョン動画が撮影可能となっている。ソニーの方が手持ちのメモリースティックが使えるし、液晶画面が3.5と大きいのが魅力だ。

 かなり迷ったが実際に買ったのは、FT1となった。作りが頑丈で、3mまでの水中撮影が可能だということが決め手となった。以前に撮影途中で川に落としたことがあった。幸い長期乾燥で再度使用できたが、防水カメラは安心だ。乱暴な扱いにもってこいのカメラで、常時セカンドバックに入れて持ち歩きができる。

 新しいハイビジョン規格AVCHD Liteを採用しているが、Edius Neoで編集はできた。ただ、ソニーの画像管理ソフトPMBではビューが出るが、再生はできなかった。ともかく、こんな小型カメラでハイビジョン撮影ができるようになったのはすごいことだ。

  ハイビジョン 撮影可能の 超小型 カメラ持参の 探鳥日待つ
                     引地貞子(那智勝浦町)
[PR]
by ja3cf | 2009-04-04 08:59 | ハイビジョン撮影

GPS機能が便利だ

 今日、久米田池愛鳥会の探鳥会に参加した。スコープにHDR-XR500Vを取り付けて撮影した。まだこのカメラになれていないので、満足した撮影はできなかった。しかし、このカメラに搭載しているGPSが正常に機能していた。カメラの中を調べてみると、国内はじめ欧州、北米、オセアニアの地図が格納されていた。
c0047906_16334275.jpg
 画像をパソコンに取り込んで専用ソフト(PMB)で表示すると、GoogleMapと連動してさらに詳しく表示する。飛翔したサギの撮影場所をGPSで表示した。このように撮影場所が正確に記録できるのは、野鳥撮影ではすごく有用な機能だといえる。(画面をクリックすることで拡大する)

   新調の カメラで向う 久米田池 撮影場所の 記録が嬉し
                    引地貞子(那智勝浦町)
[PR]
by ja3cf | 2009-02-22 17:17 | ハイビジョン撮影