カテゴリ:ハイビジョン撮影( 51 )

HDR-XR500Vをテストする

c0047906_22591967.jpg この前発表があったソニーのハイビジョンカメラHDR-XR500Vがすごく気になっていた。週末の家電量販店の新聞折り込みチラシに発売と載っている。早速その現品を手にとって確かめたくて出かけた。

 大きさはいま使っているHDR-HC3とほとんど変わらない。最初に確かめたのは手ぶれ補正のアクティブモードだ。いままでの10倍ぶれないというだけあって確かに安定している。ズームアップしてもあまりぐらぐらしない、これはすごい!

 このカメラの気になった点はいくつかある。

 GPS搭載
  野鳥撮影だと、クローズアップの画面が多く、どこで撮ったのかわからな
  い。できるだけ整理しているが、けっこう手間がかかる。GPS表示がある
  と、すごく便利だ。
 虹彩絞り
  小型カメラで初めて虹彩絞りが採用された。いままで使っているカメラは
  すべて2枚羽根なのでボケが菱形になって見苦しい。6枚羽根だとそれが
  円形になって高級カメラ並みの描写ができるのだ。
 感度アップ
  裏面照射技術を採用して、いままでの2倍感度が上がったとのことだ。
  これは暗い場面の撮影には魅力だ。
 強力手ぶれ補正
  旅ビデオだと三脚を使っての撮影ができないことが多い。この手ぶれ補正
  だと肩載せカメラの画面と間違うほどだ。

 これらについて詳しく知りたい人はソニーのWebを見てもらおう。

 すっかり気に入ってカメラをいじっていると店員が来た。駄目もとで交渉すると、けっこう下がってきた。最終では、5年保証付きで100K円を切った値段になった。それもカードOKだとのことでとうとう買ってしまった。

 早速、テストに市内の神社へ行く。GPSが正常に動いていることが確認できた。境内にビラカンサがたわわに実っている。それにメジロが来ていたので手持ちで撮影した。結構安定した画面が撮れたのでそれをお見せしよう。



レベルアップの カメラ携え 来し神社 ビラカンサ華やぎ メジロ飛び交う
                         引地貞子(那智勝浦町)
[PR]
by ja3cf | 2009-02-16 23:39 | ハイビジョン撮影

ハイスピード撮影

 カシオのカメラ・EX-F1で実験をしている。このカメラにはいろんな機能があるが、ハイスピード撮影もその一つ。いままでプロの専用カメラでしか撮影できなかった高速撮影が簡単にできるとある。

 300,600,1200fpsの3種類モードがあり、高速になるほど画面が小さくなる。近くの公園でドバトの飛び上がった瞬間を300fpsで撮影してみた。珍しい野鳥でこんな場面を撮影できたら素晴らしいのだが・・・・。
c0047906_1851162.jpg
 YouTubeへアップロードしたのだが、セキュリティの関係でここに貼り付けられないのでこのところをクリックして見て欲しい。

  さざなみの 立つ水の面に 映えて飛ぶ ドバト写せり 公園にきて
                       引地貞子(那智勝浦町)
[PR]
by ja3cf | 2008-05-05 18:52 | ハイビジョン撮影

おもろいカメラ・カシオEX-F1

c0047906_8593613.jpg いまメインとして使っている野鳥用のカメラは、フィールドスコープにハイビジョンカメラをセットしている。ビデオ撮影ではカメラの倍率が高くなるので、三脚もそれなりに頑丈なものがいる。付属品も持って行くので移動には10kg近くになる。

 散歩に気軽に持って行けるカメラが欲しいと思っていた。開発の段階(ネットで公開していた)から気になっていたカメラがあった。それは今春発売されたカシオのEXILIM PRO EX-F1だ。何がすごいかというと、600万画素でも1秒間に60枚の画像が記録できるのだ。しかも、1秒前にさかのぼって記録できるとある。

 これなら野鳥が飛び出してからシャッターを切るとその瞬間が撮影できることだ。このカメラにはハイスピード撮影などいろんな機能があるのだが、フルハイビジョンの動画の撮影もできるのが気にいって購入した。興味のある人はこのカメラのウエブ"EXILIM PRO EX-F1”を見て欲しい。
c0047906_653057.jpg
 まだ、テスト中だが、機能が多くてなれるまでかなり時間がかかりそうだ。近くの公園に持って行き、鳥を探したがうまく捕らえられず、蝶を写してみた。連続した画像から飛び上がったのを探して切り出したのがこれだ。

 いくらハイスピード連写できるといっても倍率を上げて鮮明な画の撮影は、三脚が必要だとわかった。これだけでは野鳥撮影には倍率が不足で、テレコンを付けることを考えている。これでどんな面白いシーンが撮影できるか、自分でも楽しみにしている。

  一秒間に 60画像の 連写とう 最新カメラで 探鳥も楽し
                    引地貞子(那智勝浦町)
[PR]
by ja3cf | 2008-05-04 08:51 | ハイビジョン撮影

Edius NeoでAVCHDが編集できた!!

 ビデオ仲間から最新のEdius Neoでハイビジョンの新しい方式であるAVCHDのノンリニア編集が簡単にできるということだった。これは朗報だ!。

 今までずーとビデオカメラはDV方式でテープに記録するものだった。それが数年前に小型のハイビジョンカメラが開発され、HDV(テープ)方式のカメラを私たちが使えるようになった。しかし、カメラを簡単に買えるようになったのだが、HDVでハイビジョン編集をできている人はまだごく僅かなのだ。

 時代がどんどん進歩して、テープ(HDV)は影を潜め、現在の主流はAVCHDカメラに移っている。この方式だとメディアに関係なく記録ができるからだ。ハーディスクやDVDそれにメモリーカードが記録媒体となってきている。ほんとにその進歩はすごい。

 いま使っているパソコンのCPUはペンティアム4の3.20GHzである。今時そんなの古いと言われそうだが、3年前では最強のマシンだったのだ。これでもプレミアプロ1.5で何とかHDV編集ができている。しかし、AVCHDとなると全くお手上げだった。考えるところがあって新しいマシンを買うのは来春以降と決めている。
c0047906_23142723.jpg
 そんなときにEdius NeoでAVCHDの編集ができるとの情報だ。スペックを見るとこの古いPCでも動くとわかり、早速入手して使ってみた。カノープスの編集ソフトは以前に使ったことはあるが、これは全く新しい構造だ。5時間ほどがんばって何とか2分の作品を完成した。メモリーカメラのHDR-CX7からデータを取り込んで、完成したファイルをHDR-HC3でテープへ書き込むことにも成功した。

 まだまだわからないことがいっぱいだが、現時点ではこのソフトがAVCHDの編集で最強のソフトだといえる。いまからビデオカメラの購入を考えている人はAVCHDで自分の気にいったメディアをやっと選べるようになった。

  日々進歩 ハイビジョンの 新方式 記録が容易に なりきて楽し
                      引地貞子(那智勝浦町)
[PR]
by ja3cf | 2007-12-08 23:18 | ハイビジョン撮影

ハイビジョンカメラの最先端を視る

 標記のタイトルで最近のハイビジョンカメラの情報と、その編集について少し書きました。もし、興味ある方は、ここをクリックして[つどいの家・写楽]をご覧になってください。
[PR]
by ja3cf | 2007-11-27 21:18 | ハイビジョン撮影

HD編集に朗報

c0047906_14482487.jpg 今日の日経新聞で気になる記事を見つけた。東芝がソニーなどと共同開発したMPUを搭載したノートパソコンを来春に発売するとのこと。このMPUは映像処理に優れたセル技術を採用した半導体で、それをパソコンチップに転用した。

 これが実現するとノートパソコンでフルハイビジョンの映像をリアルタイムで編集ができることになる。ハイビジョンカメラが各社から多数発売されているのに、編集できるパソコンのハードルはす~ごく高いのがネックなのだ。以前から事あるごとに画像処理専用チップ搭載のPCを作れとメーカーサイドに言ってきた。やっとこのノートPCで実現しそうで、大いに期待ができる。
[PR]
by ja3cf | 2007-09-21 15:00 | ハイビジョン撮影

熾烈を極める世界最小最軽量の争い

c0047906_23222163.jpg 世界最小最軽量のハイビジョンカメラとしてソニーのHDR-CX7が登場したのは7月末だった。それをすぐに追い抜いたのがパナソニックの縦型HDC-SD7だった。ところが三洋電機が30日、最小最軽量フルハイビジョンカメラ・ザクティDMX-HD1000を9月中旬に発売すると発表した。

 三洋電機はこれまで最小最軽量のHDカメラを発売していた。しかし、このカメラは720pだったので、ハイビジョンカメラとしては一段低い地位に甘んじていた。今回発売するHD1000はフルHD(1920×1080)として登場した。採用している圧縮形式はAVCHDとは書いていないが、MPEG-4 AVC/H.264とのことなのでほぼ同じと思われる。はたして市販の編集ソフトで取り込めるかどうか気になるところだ。

 もともとザクティはポケットに入るビデオカメラとしてマニアに愛用されていた。同じ縦型タイプのパナソニックSD7を相手にして、どこまで健闘するか楽しみだ。詳しくは三洋電機のウェブを見てね。

  ハイビジョンカメラの 最小最軽量 熾烈を極む メーカーの争い
                      引地貞子(那智勝浦町)
[PR]
by ja3cf | 2007-08-31 23:51 | ハイビジョン撮影

ハイビジョンカメラが花盛り

 最近になって各社から小型ハイビジョンカメラの発表が相次いでおり、まさに戦国時代へ突入した。そこでいま発売されているものと、発表された最新機種を集めてみた。
c0047906_21313561.jpg
 表のように6メーカーから17機種となった。まさに百花繚乱の趣きで、ユーザーはどれを選んでよいか迷うことになった。これらは使用するメディアで5つに分類することができる。

ミニDVテープ機種
 いままで主流だったテープを使う機種。これ以外の機種は、AVCHD形式なの
 で編集にはまだハードルが高い。本格的な編集をするユーザーは、HDV形式
 を選択することが多い。
DVD機種
 このタイプは急速にユーザーを増やしている。8cmのDVDに記録されるのだ
 が、日立の機種はブルーレイディスクを使用すると発表している。対応して
 いるプレーヤーだと、そのままで再生できる気軽さがある。
ハードディスク(HDD)機種
 メディアのことを心配せずに長時間撮影ができる。しかし、パソコンや
 DVDなどへの最終収納を考える必要がある。
メモリーカード機種
 メモリーの価格が急速に安くなったので、この方式を採用するカメラが増
 えてきた。駆動部分がないのでメカ的に丈夫で、いずれこの方式がメイン
 となるだろう。小型軽量なのが魅力だが、DVDなどに収納が必要。
ハイブリッド機種
 2つのメディア搭載機種。いままで静止画撮影のためにメモリーカードの
 搭載が主流だったが、最近はHDDとカードやHDDとDVDなど2種類のメディア
 搭載機種が人気を呼んでいる。

 詳細はそれぞれのWebを見て欲しい。
   パナソニック    ソニー       キャノン
   ビクター      日立製作所     サンヨー

  それぞれの メーカーこぞりて 発表す
               ハイビジョン・カメラの 小型化競い

                      引地貞子(那智勝浦町)
[PR]
by ja3cf | 2007-08-09 11:36 | ハイビジョン撮影

HDR-CX7を入手する

c0047906_16481616.jpg
 先般、ソニースタイルからメールが届き、「HDR-CX7が近く発売になる、古いカメラを下取りする」とのこと。野鳥撮影のためにできるだけ小さくて高性能なハイビジョンカメラが欲しいと思っていたので、CX7に興味を持っていた。ちょうど予備として置いていたHDR-HC1が手元にあったので、それを手放して入手することにした。

 メーカー直販なので、発売日より1週間はやく現物が届いた。黒の光沢のある本体で、さすがに小さくて軽く外観も気に入った。一緒に買った8GBのメモリーカードを取り付けて早速テストした。HC3などと同じタッチパネル方式だが、メニューなどは全く違うので最初は戸惑った。

 AVCHD記録方式なので画質が気になったがHDVとほとんど変わらない。それにXP,HG,SP,LPと4つの記録モードが搭載されている。テストチャートと動く物体を撮影してその違いを調べたが画質の変化はほとんどわからないくらいだ。初期設定では上から3番目のSPにしているが、これだと8GBのメモリースティックに2時間20分も撮影できるのが嬉しい。

 さて、それでは肝心のビデスコのカメラとしてはどうか。結論から言うと、HC3からの世代交代は早すぎる。それはいまの編集環境ではAVCHDの編集はできないことが最大の悩みだ。AVCHDのハードルはすごく高い。パソコンの性能だけでなく、この方式に対応する手軽な編集ソフトは未だにないといえる。プレミアプロの最新版でも対応していないのだ。

 それにワイヤーリモコンが使えないのも不便だ。当分はサブカメラとして風景などを撮影することにしよう。(カメラの上に付けている毛皮みたいなものは、風切音軽減の細工。これだけで風の音が大幅にカットするのでおすすめだ)

  精密機器の 進歩著しき 現在に 風切音軽減の 毛皮風の違和感
                      引地貞子(那智勝浦町)
[PR]
by ja3cf | 2007-07-28 17:48 | ハイビジョン撮影

裏技・古いパソコンでハイビジョン編集

c0047906_1525419.jpg
 ハイビジョンカメラが安くなってユーザーが急速に増えた。だが、ハイビジョンのままで編集している人は極端に少ない。それはあまりにもハイビジョンで編集できるパソコンのスペックが高く、とても今持っているパソコンでは編集ができないと諦めている人が多いためだ。(続きを読む)

  型古りし パソコン使い ハイビジョンの 編集のわざ 紹介される
                       引地貞子(那智勝浦町)
[PR]
by ja3cf | 2007-04-28 15:32 | ハイビジョン撮影