カテゴリ:ツル科( 18 )

ナベヅルの飛翔

 以前に撮影したナベヅルだが公開していたネットが閉鎖してしまったので、改めてYouTubeに投稿をした。



 飛んでいるナベヅルに体の小さいカラスが追っかけています。


 日高川の浅瀬に群るるナベヅルの 流れに啄ばむ煌めく水面
 一羽飛べば次々飛翔ナベヅルを 追う鴉二羽体小さきに

                         引地貞子(那智勝浦町)
[PR]
by ja3cf | 2015-01-08 16:11 | ツル科

ナベヅルの飛翔 ③

 この冬、貝塚市の郊外で越冬したナベヅル。2時間ほど観察していたが、同じ所でずっと餌をついばんでいる。帰り支度をしていたら突然飛び出した。あわててカメラをセットし直して撮影したのがこの動画。何とか撮影ができたが飛び立つところから映したかったなぁ。

(高速回線接続の時、右下の「全面表示」をクリックし、右下の「360p」を「720p」に切り替えることで全画面の高画質で見ることができる)

  ビルの上 家並み高く 往き戻り ナベヅル三羽 悠々と飛ぶ
                    引地貞子(那智勝浦町)
[PR]
by ja3cf | 2010-03-19 15:04 | ツル科

ナベヅルの越冬

 鹿児島県の出水市、ナベヅルの越冬地として世界的に有名だ。そのナベヅルが昨年の11月から貝塚市に3羽飛来していた。撮影に行っていたが、掲載は控えていた。越冬地は農地なので、公表すると地元の人に迷惑をかけるためだ。無事越冬が終わり昨11日に飛び去ったとのことなので、はれて掲載することにした。



 2008年は御坊市で越冬したので、2年ぶりだった。今年の冬はもっとたくさんで飛来することを期待しよう。

  越冬の 終ゆるを待ちて ナベヅルの 掲載成されし 配慮のもとに
  貝塚市に 三羽飛来の ナベヅルを 追いて農地に 啄ばむを撮る

                       引地貞子(那智勝浦町)
[PR]
by ja3cf | 2010-03-12 23:26 | ツル科

タンチョウのヒナがかわいい!

c0047906_2342359.jpg
c0047906_2237398.jpg
 釧路市には鶴公園がある。ここは絶滅危機にある丹頂鶴を保護するために作られた施設で、「丹頂鶴自然公園」の名の通りケージはあるが天井にネットがない。それで鶴は自由に外へ飛び出せるのだそうだ。

 ここに4月23日ふ化した2羽のヒナが元気に育っていた。小雨のなか傘を差しての手持ち撮影だがその姿をビデオに納めることができた。ほんとにカワイイ!の一言だ。

(高速回線接続の時、画面を2度クリックでYouTubeへ移動し、右下のHDを
 クリックすることで大きな画面の高画質で見ることができる)

  若草の みどりに映ゆる 丹頂鶴 自然公園に 雛育ちゆく
  丹頂鶴 胸張りて歩む 親のそば つかず離れず 雛の愛らし

                    引地貞子(那智勝浦町)
[PR]
by ja3cf | 2009-05-30 11:07 | ツル科

タンチョウを撮影できた!

c0047906_22265558.jpg
 この週末、日本アマチュア無線連盟の総会が釧路市で開催された。ここを訪れることの楽しみはタンチョウとの出会いだ。それは阿寒湖に向かう道路で訪れた。釧路湿原近くの道路を走行中、草原に2羽のタンチョウが降りているのを見つけた。

 あわてて車を止めてもらいカメラを向ける。前日は鶴公園ケージの中のタンチョウを間近で見ることができたが、自然の姿はやっぱりすばらしい。野鳥撮影の旅ではないので、ビデスコは持っていない。ビデオカメラ(XR500V)に2.2倍テレコンをつけての撮影だ。それも車内から手持ち撮影なのでブレはあるが、感動の画面を見ていただこう。("video" はここをクリック

  阿寒湖へ 向う車を 止めて撮る タンチョウ二羽 草原に立つ
  草むらの 虫啄みつつ タンチョウヅル 広き湿原 ゆっくり歩む

                       引地貞子(那智勝浦町)
[PR]
by ja3cf | 2009-05-26 22:21 | ツル科

ナベヅルとカラス ②

c0047906_1935069.jpg
 ナベヅルの北帰行が近いとの情報で、最後の観察に行った。まだ、日高川の河原に14羽が揃っていたが、撮影場所からかなり離れていた。気象条件がよかったが、陽炎で画面が揺れてしまい、最悪の撮影だった。

 そこで先に撮影したカラスとのからみパート2をお見せしよう。なぜかカラスがナベヅルのそばに集まる。空中ではカラスに攻撃されっぱなしだったツルも、地上では近づくと威嚇して追っ払っている。しかし、あれだけ空中でモビリングされていながらそんなに嫌っていない。この辺の関係はどう解釈したらよいのだろう。("eyeVio ツルとカラス②" はここをクリック

空中では カラスに追われし ナベヅルも 地上に下りれば カラスを威嚇す
                         引地貞子(那智勝浦町)
[PR]
by ja3cf | 2008-02-11 19:53 | ツル科

ツルとカラスの空中戦

c0047906_201029100.jpg
 近くまで所用があったので、ナベヅルがまだ留まっているか観察に行った。ねぐらにしている日高川でアオサギやカモメやカワウそれにハシブトカラスと一緒にのんびりしている。しかし、カラスがツルに近づくと威嚇されて逃げる。

 前回と同じく突然一斉に飛び出した。ビデオカメラで追っかける。悠々と飛んでいると見ていたら、なんとカラスが空中で攻撃してきた。ツルはその攻撃をかわすのに精一杯だ。カラスの攻撃は3分間も続いた。

 カラスが空中でトビをおそっているのをよく見かける。しかし、大きさが2倍もあるナベヅルにおそいかかるのは初めて見る光景だった。カラスにとってはこの行為は、遊びだろうか。それにしてもツルにとっては迷惑な話だ。羽の一部が取れているのも見かける(このような行動をモビングというそうだ)。

 飛翔場面をハイビジョンカメラ(HDR-CX7)で4分間撮影できたので、ノーカットでお見せしよう。("eyeVio ツルとカラスの空中戦" はここをクリック

  空中へ ナベヅル飛び立つ 一四羽 やがてカラスの 攻撃始まる
  三分間も カラスの攻撃 続きたり 体長二倍の ナベヅルに向かいて 
  日高川の 中空を舞う ナベヅルを 小さきカラス 執拗に追う 
  美しき 列乱されつつ ナベヅルは カラスの攻撃 かわしつつ飛ぶ

                       引地貞子(那智勝浦町)
[PR]
by ja3cf | 2008-02-07 20:35 | ツル科

作品「ナベヅルの飛翔」

c0047906_213619100.jpg
 日高川に飛来したナベヅルを映した動画を編集してみた。先に書いたように不満足な撮影だったのだが、何とか小作品にまとめてたのでそれをお見せしよう。("eyeVio ナベヅルの飛翔" はここをクリック

PS) 今日の読売新聞社会面に、撮影したナベヅルのことが報じられている。

  幼鳥を 交じえし ナベヅル 日高川に 越冬の様子 飛翔を映す
                      引地貞子(那智勝浦町)
[PR]
by ja3cf | 2008-02-03 08:17 | ツル科

ナベヅルの飛翔

c0047906_13553251.jpg
 ナベヅルを観察していると一斉に飛び出した。近くへ猛禽が現れたのに反応したらしい。ビデオ撮影中だったので、その瞬間をとらえることができた。もう少し引いて撮影したらよかったが、とっさの判断がつかず追っかけるが精一杯だった。("video" はここをクリック

 いち早く 猛禽来たるを 察知して 群るるナベヅル 一斉に飛び立つ
 観察中の ナベヅル俄かに 飛び立てば ここ日高川に 猛禽現る

                       引地貞子(那智勝浦町)
[PR]
by ja3cf | 2008-01-30 14:01 | ツル科

ナベヅルが和歌山に

c0047906_1991740.jpg
 先般、朝日新聞和歌山版にナベヅルが御坊市へ飛来していると報じられた。御坊といえば私の生まれ故郷の近くだ。こりゃほっとけないと週末、鳥仲間と撮影に行った。いた!日高川の中州に留まっている。双眼鏡で数えてみたら、成鳥9羽、首が薄茶の幼鳥が5羽で14羽の集団だ。

 記事によれば飛来が確認したのは12月25日で、昨年も数回飛来したがその日のうちに九州方面に飛び去ったそうだ。今回は年を越えて居着いている。午前中は近くの田んぼで餌をついばんで、午後にこのねぐらへ戻ってくる。("video" はここをクリック

  この冬は 年越え居着く ナベヅルの 群れに幼鳥 交じりておれり
  昼までは 田んぼに漁り 午後からは 中州に戻る ナベヅルの群れ 
  日高川 中州に群るる ナベヅルの
              去年(こぞ)はその日に 飛び立ちしとぞ

                       引地貞子(那智勝浦町)
[PR]
by ja3cf | 2008-01-28 19:07 | ツル科