カテゴリ:レンジャク科( 25 )

やっと捕らえたキレンジャク

c0047906_1759998.jpg
 和歌山にキレンジャクが入っているとのことで、連日その公園へ行く。しかし、撮影どころか見ることもできない。週末には巨大な望遠レンズを付けたデジ眼のカメラマンが大勢来ている。だが、午前中に観察できたと聞いたときは午後に行ったり、その反対ばかりで今年はレンジャクとは縁がないと思っていた。

 昨日になってやっと撮影ができた。実に10日目だった。当地ではキレンジャクは初めての飛来だそうだ。ヤドリ木に来たのはヒレンジャク2羽とキレンジャク2羽だった。聞くところによるとキレンジャクは関西では珍しく、今年は各地で見ることができるそうだ。

 ヒレンジャクとの違いは尾羽の先が赤ではなく黄色いのが特徴で、主にヒレンジャクと一緒に行動している。この公園にはヤドリ木が多く、この実を食べると透明で粘っこい糞が長々と連なる。その様子は次回に紹介しよう。
"video" はここをクリック

 キレンジャクの 噂を聞きて 公園に ようやく出会う 今日で十日目
 冠羽立て 枝にくるりと 背をみせる キレンジャクの 尾羽の黄模様

                       引地貞子(那智勝浦町)
[PR]
by ja3cf | 2009-03-10 18:30 | レンジャク科

千客万来(ハイビジョン)

c0047906_2124099.jpg
 以前にYoutubeにヒレンジャクなどの水飲み風景を「ヒレンジャク」のタイトルで掲示した。しかし、Youtubeの画質はあまりよくないので、高画質の再生ができるeyeVioへ再編集した動画を「千客万来」のタイトルで掲載した。

 ADSL以上の高速回線を使っている人はeyeVio に入ったら画面下にある「HD」をクリックして「画面モード」を「全画面」または「HD」にして再生すれば高画質の大画面で見ることができる。「JA3CFのeyeVio」はここをクリックで移動できる

 千客万来 水ガメに 寄る小鳥たち 大画面 高画質なり 幾たびも見る
 幾種類もの 小鳥がつどう 水ガメの ヒレンジャク美し 映像冴えて
 ヒヨドリの 一羽水飲む カメに来て 増ゆるヒレンジャク 容姿愛らし

                        引地貞子(那智勝浦町)
[PR]
by ja3cf | 2008-09-17 21:17 | レンジャク科

ヒレンジャクを見つけた

c0047906_20255958.jpg
 近くの公園へテレコンを付けたハイビジョンカメラを持って散歩に行く。ぼんやりあたりを見ていると、ヤドリギの中で何かが動いた。急いでカメラをセットしてみると、まさかと思っていたヒレンジャクだったのだ。

 ネットで調べてもヒレンジャクの情報が少ない。どうやら今年は日本に渡ってきた個体が少ないようだ。それに時期的にも今年はもう出会いがないと諦めていた。だが、撮影を始めてすぐに飛び去ってしまった。

 現場では2羽だと思っていたが、後ほど再生してみたら4羽いたことがわかった。僅かな時間だったがその場面をお見せしよう。("video" はここをクリック

この年の 出会い諦めいし ヒレンジャク 公園にて出会う 四月の終わりに
特徴の 冠羽美しき 木のあわい ヒレンジャク立つ 僅かな時を

                         引地貞子(那智勝浦町)
[PR]
by ja3cf | 2008-04-27 21:00 | レンジャク科

千客万来

 このBlogを提供してくれているExciteがDogalog(ドガログ)という動画の配信を始めた。ここを利用したら少し長めの動画も送れることがわかり使ってみた。先に掲載した水がめに集まる野鳥を撮影した続編だ。

 最初にヒヨドリが来て水浴びをする。その次にヒレンジャクが集団で来た。最後にはメジロたちがやって来て盛んに水浴びをする姿をご覧いただこう。そばでは一緒に撮影したカメラマンたちが一斉にシャッターを切っていた。

(下図の画面中央をクリックで動画がスタートする/大きく表示したいときは下の一時停止ボタンを押して動作を止め、再度画面をクリックすると別画面で表示する

 その後はこの場所に観察に行くが、ヒレンジャクだけでなく他の野鳥もあまり近寄らない。野鳥にもやっぱり旬というものがあるようだ。

  種類の違う 野鳥つぎつぎ 水がめに 水を飲みては 水を浴びおり
                       引地貞子(那智勝浦町)
[PR]
by ja3cf | 2007-03-16 21:07 | レンジャク科

ヒレンジャクの鳴き声

c0047906_22534568.jpg
 近くの公園に飛来しているヒレンジャク。その数がかなり減っており、カメラマンのフィーバーも収まった。撮影していたときは周囲の雑音でわからなかったが、ビデオカメラに取り付けたガンマイクが見事にこの鳥の鳴き声を捕らえていた。

 ネットで調べてみてもヒレンジャクの鳴き声が収録されているウェブは見つからなかった。これこそビデオの特権なのだ。かぼそい声で「ピィー」と鳴いているのを聞いてほしい。("video" はここをクリック

 ピーピーと ヒレンジャクの か細い声 見事に捕らえる ビデオの特権
 見た目より 鳴き声かわいい ヒレンジャク 新芽膨らむ 枝に揺れつつ

                        引地貞子(那智勝浦町)
[PR]
by ja3cf | 2007-02-12 23:03 | レンジャク科

鳥のなる木 (ヒレンジャク)

c0047906_9101024.jpg
 いつもの公園へヒレンジャクを観察に行く。水のみ場そばの木に鈴なりになっているヒレンジャク。今年は去年以上にたくさん飛来している。ここに掲載した静止画の木には、まだ下のほうに数羽とまっていた。

 動画に映っているヒレンジャクの右上の鳥を注目してほしい。ヒレンジャク特有の粘っこく糸を引いている糞をしている。これは食べているやどり木の実のせいだろうか。("video" はここをクリック

ヒレンジャクの 群るる木見つけり 青空を バックに枝々 実の成るように
                         引地貞子(那智勝浦町)
[PR]
by ja3cf | 2007-02-04 09:16 | レンジャク科

今年もヒレンジャク (Japanese Waxwing)

c0047906_22113352.jpg
 近くの公園に飛来しているヒレンジャクをやっと撮影ができた。数日前から目視はできていたがカメラに収めることができなかった。

 公園には大きな石の水がめがある。そこへ水を飲みに来るのを多くのカメラマンと待っていた。来た!先ずは近くの木にとまり、次々と降りてきた。水を飲むだけでなく水浴びもしている。カワイイー!。

 昨年はこの公園に飛来したのは3月の下旬だった。今年は2ヶ月も早く来たことになる。Brownさん(和歌山市在住で素晴らしい画像をネットで多く発信している有名な野鳥カメラマン)にお聞きすると、今年はここにたくさんの群れが来そうな予感がすると。そうなれば尾っぽの黄色いキレンジャクも見えるのではないかと、大いに期待が膨らむのだ。("video" はここをクリック

 去年より 二ヶ月早き 飛来なり ヒレンジャクの群れ 水がめに遊ぶ
 次々と 水がめに来て 水を飲み 水浴ぶる ヒレンジャク 様子愛らし
 満々と たたえる石の 水がめに ヒレンジャクら 水浴びをする

                       引地貞子(那智勝浦町)
[PR]
by ja3cf | 2007-01-28 22:48 | レンジャク科

ヒレンジャクの続報3

c0047906_19311630.jpg
 群れが飛び去っても1羽だけ残っていたヒレンジャク。5月中頃まで確認できたが、さすがはその後は見ることができなくなった。毎朝同じ時間に同じ木に来ていたのだが・・・・・。

 そこでこの個体に敬意を表して最後の撮影場面をお見せしよう。この日は風が強く枝が大きく揺れている。懸命にしがみついていつものようにせわしく動いていた。また来年もここに来てくれるのを期待しておこう。(動画はここをクリック

 ヒレンジャク 冠羽なびかせ 揺るる枝に 周りせわしく 見渡しており
 はや北へ 飛び立ちたるか ヒレンジャク
                   いつもの時間 いつもの木に来ず

                        引地貞子(那智勝浦町)
[PR]
by ja3cf | 2006-05-23 19:53 | レンジャク科

ヒレンジャクの続報2

c0047906_22382839.jpg
 もうヒレンジャクが飛び去ったと思っていた。しかし、それはその日に見つけられなかったということがその翌日にわかった。それから毎日、天気のよい日は観察に行っている。驚いたことに毎朝、同じ時間に同じ木に来ていることだ。この鳥の体内時計は、人間の体内時計以上に正確なのに驚く。毎朝、7時半の5分前後の誤差しかないのだ。

 私は小学生低学年のときよく先生に怒られた。「きょろきょろするな!」。授業中に窓から外をよく見ていたようで、落ち着きがないと注意された。このヒレンジャクを観察しているとまるで昔の自分のようだ。右を見たり左を見たり、一時としてじっとしていない。全く落ち着きのない鳥なのだ。

 果たしていつまでここに留まっているのだろうか。これからもこの個体を注意深く観察を続けてみよう。(動画はここをクリック

 今朝もまた 同じ時間に 同じ木に ヒレンジャクは止まる
                          その体内時計よ
 きょろきょろと 周り見回す ヒレンジャク 幼い頃の 我を思い出す
                       引地貞子(那智勝浦町)
[PR]
by ja3cf | 2006-04-24 23:12 | レンジャク科

ヒレンジャクの続報

c0047906_20545324.jpg
 この春、大いに楽しませてくれたヒレンジャク。グループが去ってからずっと1羽だけ残っていた。毎朝、決まった時間に同じ宿り木の上に来てくれていた。先週の後半は雨や曇りだったので、数日観察に行かなかった。

 今朝は久しぶりの晴天で、いつものスポットに観察に行った。待つこと1時間。残念ながら現れず。やっぱりもう北へ飛び去ったのだろうか。そこで先に紹介した画像で背中を撮したのがなかったので、今日はそれを紹介しよう。(動画はここをクリック

 キレンジャク 冠羽なびかせ 隈取の ごときおもてを くるくると忙し
                        引地貞子(那智勝浦町)
[PR]
by ja3cf | 2006-04-17 21:32 | レンジャク科