<   2005年 02月 ( 16 )   > この月の画像一覧

ケリ1

c0047906_849451.jpg 昨日は天気がよかったので近くの紀ノ川の河原へ行く。カモ類が多く漂っており、ここの干潟では珍しい大きな鳥を見つけた。そばのセキレイと比べても結構大きい。早速、図鑑で調べて大きさやくちばしの特徴などからケリとわかる。もちろん初めての出会いだった。

 この鳥はその鳴き声でケリと名付けられたそうだ。ズームマイクを装着していたのでその声を録音したかったが、残念ながら鳴いてくれなかった。
動画はここをクリック

ケリ ←P-daysさんのページにトラックバックしています
[PR]
by ja3cf | 2005-02-28 08:58 | シギ・チドリ

コゲラ

c0047906_1714685.jpg 久しぶりに時間が取れたので午前中に紀伊風土記の丘公園へ行く。梅の花が満開で、そこで待っていたが、メジロが1羽きただけですぐに飛び去った。

 2週間前と比べて鳥の数はめっきり少なく、ビデオで撮影ができたのは僅かコゲラとルリビタキそれにマガモだけだった。それも枝の間からの撮影で、何とか映ったという程度。しかし、コゲラは初めてのビデオ撮影なので、ここに掲載することにした。
(画像は山田さん撮影、動画はここをクリック
[PR]
by ja3cf | 2005-02-26 17:22 | キツツキ科

オーストラリアツカツクリ2

c0047906_11164953.jpg 「ケアンズの野鳥」編。昨日に引き続いてオーストラリアツカツクリを紹介する。

 キングフィッシャーパークのテラスの前で雌雄で巣作りをしていた。盛り上がった土の上で、同時にまたは交代しながら延々と土を掘り出していた。
クリックで動画

キングフィッシャーパーク
[PR]
by ja3cf | 2005-02-25 21:56 | オーストラリアの野鳥

オーストラリアツカツクリ1

c0047906_11144988.jpg 「ケアンズの野鳥」編。キングフィッシャーパークのテラスの前で巣作りしいたオーストラリアツカツクリをじっくり観察することができた。全長50cmもある丸っこい体型の大きな鳥で、「クワァクワー」と空を向いて雄叫びをする。

 文献によれば絶滅のおそれのある野生動物に指定されている野鳥で、オーストラリア北部から、ニューギニア付近に分布している。名前の通り塚造りの様子は次回に紹介しよう。(動画はここをクリック

キングフィッシャーパーク
[PR]
by ja3cf | 2005-02-24 21:08 | オーストラリアの野鳥

モリショウビン1

c0047906_20232112.jpg 「ケアンズの野鳥」編。オーストラリアはカワセミ類が世界中で最も多く生息しているといわれる。ケアンズでは、モリショウビンはよく見ることができるポピュラーな鳥だ。

 背中は瑠璃色のきれいな野鳥で、昆虫や小動物を捕って食べる。カワセミ類特有の体が揺れても頭が固定されたポーズで、木の上から地上の獲物をねらっている。カワセミ類は皆同じ習性があるのだが、枝が揺れても頭が固定してずっと獲物をねらっている。20分程度撮影したが、鳴き声は聞くことができなかった。(ケアンズの野鳥で掲載している画像はツワーメンバーから提供のものが含まれる)
動画はここをクリック

(追記)
  揺るる枝に 体を合わせ伸び縮み モリショウビンは 頭固定す
                    引地貞子(那智勝浦町)

センテナリー公園
[PR]
by ja3cf | 2005-02-23 20:52 | オーストラリアの野鳥

トサカレンカク

c0047906_18321316.jpg 「ケアンズの野鳥」編。昨日と同じミッチェル湖で撮影したトサカレンカクは、セイタカコウとは正反対だ。ちょこちょこと水辺を飛び回り、一時もじっとしていない。蓮の葉っぱの上でも器用に歩くことができるほどバランス感覚がいい。ここでは唯一止まったところをビデオに収めることができた。(動画はここをクリック

キングフィッシャーパーク
[PR]
by ja3cf | 2005-02-22 18:50 | オーストラリアの野鳥

セイタカコウ1

c0047906_1810171.jpg ケアンズ野鳥撮影ツワー編。ミッチェル湖で見かけたセイタカコウは大柄な鳥だ。首から頭にかけて真っ黒で、のっしのっしという表現がぴったりなゆっくりした歩き方をしている。コウノトリの仲間だそうで、巣作りをしているらしく盛んに大きな草を加えて沼地を往復していた。
動画

キングフィッシャーパーク
人気blogランキングへ(皆さんのご支援で17位に上昇!、今は何位かな?)
[PR]
by ja3cf | 2005-02-21 20:08 | オーストラリアの野鳥

ソデグロバト

c0047906_6563261.jpg ケアンズ撮影ツワーでは、6種類のハトを観察できた。ソデグロバトは海岸前の公園でよく見ることができた。鮮やかな白と黒のツートーンカラーで、木の上に止まって盛んに実をつついていた。

動画はここをクリック


  すっきりと 羽(はね)さき黒き ケアンズの
                 鳩は愛らし 小首かしげて

                     引地貞子(那智勝浦町)

人気blogランキングへ
[PR]
by ja3cf | 2005-02-20 07:13 | オーストラリアの野鳥

パプアガマグチヨタカ

c0047906_9184527.jpg 野鳥にはほんとにいろんな個性を持ったものがいる。「ケアンズ野鳥撮影ツワー」で撮影したパプアガマグチヨタカもその擬態に驚かされる。キングフィッシャーパークで地元の野鳥ガイドに教えてもらっても、なかなかその存在を見つけられなかった。

 数分間撮影して、やっと動きのある場面を捕らえることができた。(動画

キングフィッシャーパーク
[PR]
by ja3cf | 2005-02-19 09:31 | オーストラリアの野鳥

キバタン

c0047906_21301269.jpg 「ケアンズの野鳥撮影ツワー」で、オウムを3種類見ることができた。中でもこのキバタンはキングフィッシャーパークで短時間だが出会うことができた。

 書物によれば、バタンとは頭上にトサカのような冠羽を持ったオウムのことだそうで、それが黄色いからキバタンなのだ。それまでおとなしく枝の先に止まっていたが、ピントを合わせたとたんに動き出した。私たちに一瞬、華麗な舞を披露してくれてすぐに飛び去ってしまった。(動画はここをクリック

(追記)
  逆さまになりて 枝より落つるがに キバタン頻りに 羽づくろいする
  ケアンズの青空バックに キバタンの 冠羽は貴婦人の帽子のごとし

                       引地貞子(那智勝浦町)

キングフィッシャーパーク
[PR]
by ja3cf | 2005-02-18 20:58 | オーストラリアの野鳥