<   2005年 06月 ( 23 )   > この月の画像一覧

我が家のイソヒヨドリ1

c0047906_633176.jpg
 田舎の家には20m高の無線用の鉄塔が建っている。春から夏にかけて毎年そのてっぺんに止まってさえずってくれるのがイソヒヨドリのオス。最近は忙しいのでたまにしか帰らず、映すチャンスに恵まれなかった。

 数日前、田舎の家に帰ったときにやっと撮影に成功した。この澄んだ鳴き声は昔から馴染みで大好きな野鳥だ。バードウォッチングを始めてやっとこの主の名はイソヒヨドリとわかる。どうやらこの鳥にとりつかれているのは私だけでないことがインターネットでわかった。「イソヒヨドリづくし」というウェブがあり、イソヒヨドリのことなら何でもそこで知ることができる。ここには多くのファンが集まってたいへん賑やかだ。

 田舎だけでなく海岸に近い都市では、ビルの屋上に止まってよく鳴いている(和歌山市内では毎日聞くことができる)。澄んだ大きくきれいな鳴き声なので、100m以上離れていても聞くことができる。この動画を見て鳴き声をよく覚えておいて欲しい。もしかしたらあなたの街でも聞くことができるかもしれない。(動画はここをクリック

  ウエブにて 人気の高き イソヒヨドリ 
                今日は 古里の 家にて出会う
  朝な夕な 背戸に来て鳴く イソヒヨドリ 
                今朝はウエブにも その声を聞く

                     引地貞子(那智勝浦町)

掲載したイソヒヨドリのすべて
人気blogランキングへ ←今日は何位かなぁ?
[PR]
by ja3cf | 2005-06-15 06:16 | ツグミ科

メジロ2

c0047906_22311686.jpg
 昨日紹介した和歌山城公園のビワの木、小粒ながらたわわに実っている。小1時間ウォッチングしたがスズメばかり集まっていた。しかし、唯一見つけたのがこのメジロだった。それも撮影間もなく葉の後ろに隠れてしまい、映ったのは僅かの時間だった。(動画はここをクリック

 枇杷の実の たわわに熟るるを 啄ばみて メジロ瞬時に 葉の影に消ゆ
                        引地貞子(那智勝浦町)

メジロ1
人気blogランキングへ
[PR]
by ja3cf | 2005-06-13 22:36 | メジロ科

スズメ1

c0047906_17462735.jpg
 先に紹介したツバメとともに身近にいる野鳥はスズメ。人の住んでいるところではどこでも見ることができる。一茶の有名な俳句もあるように日本人には昔から好かれている野鳥で、スズメだけのウェブやブログも結構多い。

 よく散歩に行く和歌山城公園に野生のビワの木がある。小さな実がたわわに色づいているので、今日撮影機材を持って観察に行った。同じように実がなっているビワの木が4本あるのに鳥が来ているのはそのうちの1本だけ。他の木とどう違うのか鳥の心はさっぱりわからない。

 1時間ばかりウォッチングしたが、来ている野鳥は1羽を除いてスズメばかり。しかし、たかがスズメでも木の実をつついている姿は結構風情があって絵になるなぁ。(動画はここをクリック

 和歌山城公園にきて 囀りは雀ばかりなり 枇杷の実 啄ばむ
 他のビワには 見向きもせずに 一本の ビワの実つつく 雀を見たり

                       引地貞子(那智勝浦町)

人気blogランキングへ
[PR]
by ja3cf | 2005-06-12 21:00 | ハタオリドリ科

ホオジロ5

c0047906_20134850.jpg
 田舎の家に帰ったときに撮したホオジロ。最近になって海岸近くの山の上に大きな風力発電塔が設置された。そのそばの電線に止まって「チチ」と地鳴きしているが、遙か向こうを通過する電車の音より小さくてよく聞き取れない。

 このようにクローズアップして撮影すると、ヒバリほどではないがホウジロも冠羽は立つのがよくわかる。(動画はここをクリック

  ズームインにて 撮りしホオジロ 電線に動けば小さき 冠羽覗けり
                       引地貞子(那智勝浦町)

人気blogランキングへ
[PR]
by ja3cf | 2005-06-11 20:20 | ホオジロ科

ツバメ1

c0047906_21144919.jpg
 あまり身近にいるのでつい野鳥だということを忘れているのがツバメ。夏鳥の代表で田舎では家の中に巣を作り、雛が育つを家族が暖かく見守っている。
動画はここをクリック

  山並を映す早苗田の上(へ) ひるがえり 
             燕飛び交う 雨あがりし朝(あした)

                   引地貞子(那智勝浦町)

人気blogランキングへ ←ご支援ありがとう!
[PR]
by ja3cf | 2005-06-10 21:32 | ツバメ科

キアシシギ3

c0047906_2147462.jpg
 このところいつものフィールドへ行くも野鳥がめっきり少ない。考えてみたらバードウォッチングを始めてまだ1年に満たない。昨年はこの時期の観察はまだ経験していなかったのだ。それにしても近くの樹木の多い公園でも鳥の鳴き声はあまり聞かれない。昔より多く見かけるようになったのは、ヒヨドリとムクドリ、それにカラスとドバトだ。いずれもあまり人間には歓迎されない鳥たちだ。

 今日は以前に紀ノ川で撮影したキアシシギの飛び立つところを紹介しよう。水鳥の飛び立ちはいくつかのスタイルがあるようだ。助走を付けて飛び立つもの、これは大形の鳥に多く見かける。小形のものはそのまま羽ばたき、ヘリコプターのように斜め上方に飛び出す。このキアシシギもそのスタイルで、軽々と舞い上がる。(動画はここをクリック

  紀ノ川の煌めく水面あとにして キアシシギは 一気に飛び立つ
                     引地貞子(那智勝浦町)

人気blogランキングへ
[PR]
by ja3cf | 2005-06-09 21:50 | シギ・チドリ

ハマシギ2

c0047906_2047299.jpg
 先に男里川へ撮影に行ったときに撮したハマシギ。前に紹介した個体と違う鳥だが、こまめにエサをあさっている。動画の後半に映っているのはキアシシギだが、大きさはこちらの方が少し大きいようだ。(動画はここをクリック

  忙しげに 歩き廻りて餌あさる ハマシギ俄かに 向きを変えつつ
                      引地貞子(那智勝浦町)

ハマシギ1
人気blogランキングへ
[PR]
by ja3cf | 2005-06-08 22:11 | シギ・チドリ

シロハラコビトウ

c0047906_19295172.jpg
 「ケアンズの野鳥」編。ミッチェル湖で見つけたシロハラコビトウ。名前のとおり腹の部分が白い小型の鵜。しかし、撮影方向から白い腹の部分は見えなかった。ずっと木の上に止まっていた。(動画はここをクリック

  シロハラコビトウ 水面かがよう
        ミッチエル湖の揺るる樹の枝に しばし動かず
  水のなかの餌食(は)む あまたの 鳥見つつ
              シロハラコビトウ 枝に揺れいつ

                   引地貞子(那智勝浦町)

ミッチェル湖
人気blogランキングへ ←おかげでまだベストテンに入っている!
[PR]
by ja3cf | 2005-06-07 19:31 | オーストラリアの野鳥

ホオジロとウグイスの谷渡り

c0047906_13501649.jpg
 昨日と同じ葛城山で撮影したホオジロ。葉隠れとなっているのだが、さえずりが明瞭だったのと、そばでウグイスが「ホーホケキョ」と鳴き、つづけて「キィキィキィキィ・・・・キキョキィキョ・・・」と谷渡り鳴きしているのがきれいに入っているのを聞いていただこう。(動画はここをクリック

  ホオジロの声に応えて ウグイスの鳴く声 とおる葛城山に
  葛城山の 深き緑の葉隠れに ホホジロの声 ひときわ高し
                  引地貞子(那智勝浦町)

人気blogランキングへ
[PR]
by ja3cf | 2005-06-05 14:00 | ホオジロ科

ウグイスの鳴き声

c0047906_20494168.jpg
 今日、30年ぶりに大阪府と和歌山県境にそびえる葛城山へ友人と行ってきた。山頂の姿がすっかり様変わりして立派な展望塔や多くのマイクロウエーブの中継塔が立っている。あまり鳥数が多く見かけなかったが、やっとウグイスを撮影することに成功した。

 春からウグイスの鳴いているところを映したくて追っかけている。この鳥のさえずりや谷渡りはよく聞くことができるが、葉っぱと同じような地味な色で、しかも葉の茂っている中で鳴くのでその姿を見つけるのは容易ではなかった。今日は運よく梢でさえずってくれたのでやっと撮影ができた。
動画はここをクリック

  鳴く声は この上もなし うぐいすの 囀りを聞く 葛城山の
  幾たびも動画クリック うぐいすの囀り聞きぬ この夜の更けに

                     引地貞子(那智勝浦町)

人気blogランキングへ
[PR]
by ja3cf | 2005-06-04 21:16 | ウグイス科