<   2005年 07月 ( 23 )   > この月の画像一覧

トンボ1

c0047906_2225306.jpg
 昨日の続編。森林公園に野鳥が見あたらないので、近くに止まっていたシオカラトンボをスコープで撮影してみた。じっと止まっているだけなので、休んでいるように見えるがそうではない。

 少し観察しているとよくわかる。近くに虫が飛んでくるととたんに追いかけて、捕まえてはまたものと位置に戻ってくる。その証拠に目玉(いや頭が正しいのかなぁ)がときどき動いている。このようにドアップで撮影すると結構迫力がある。(動画はここをクリック

  枯れ枝に 休むがに見ゆ シオカラ蜻蛉
                獲物うかがう ズームインに見れば
  リアルなる 案山子日に増す 実り田に
                とんぼ飛び交う ひるがえりつつ

                      引地貞子(那智勝浦町)

人気blogランキングへ
[PR]
by ja3cf | 2005-07-30 22:05 | 昆虫・花・風景・ほか

スイレンとクマンバチ

c0047906_2218462.jpg
 ここらでちょっと一休み。和歌山市の北部に森林公園がある。暑い時期で大した野鳥は見あたらず、公園内の池にピンクと黄色のスイレンが咲いている。黄色の花が珍しいのでスコープで撮影していると、そこにクマンバチが飛んできた。(動画はここをクリック

  夏日のなか 来たる森林公園に 黄花清楚な 睡蓮ゆらぐ
  風にそよぐ 黄の睡蓮を 渡りゆく クマンバチ捉う 森林公園に

                      引地貞子(那智勝浦町)

人気blogランキング←に参加しています・一日1回クリックをよろしく
[PR]
by ja3cf | 2005-07-29 21:32 | 昆虫・花・風景・ほか

コクチョウ3

c0047906_9135049.jpg
 2回続けて紹介したコクチョウだが遠距離撮影なのではっきりわからない。そういえば以前に間近で見たことを思い出し、古いテープを調べた。2000年にニュージーランドへ行ったとき湖の岸辺で撮影していた。何と野生のコクチョウだが手の届くほどの至近距離で観察ができた。

 遠くから見ると名前のとおり黒鳥だが、近くで見ると背中の羽は白く縁取ってうろこ模様になっているのがわかる。(動画はここをクリック

  岸の辺に 浮かぶ餌(え)啄ばむ コクチョウの
             数多(あまた)群れいつ ニュージランドに
  細波のごとき コクチョウの羽模様 面(おもて)の紅も 白黒に映ゆ

                       引地貞子(那智勝浦町)

人気blogランキングへ
[PR]
by ja3cf | 2005-07-28 06:22 | オーストラリアの野鳥

コクチョウ2

c0047906_2029522.jpg
 「ケアンズの野鳥」編。昨日紹介したコクチョウを再度お見せしよう。同じミッチェル湖で撮影した動画だが、かなりの距離があり、倍率を最大に上げて(35mm換算では4000mm)で撮影したので少しの風にも揺れているし、かなり画質がよくない。(動画はここをクリック

  草叢(むら)のかなたに きらめく細波に
                 つかず離れず コクチョウの泳ぐ

                      引地貞子(那智勝浦町)

人気blogランキングへ
[PR]
by ja3cf | 2005-07-27 20:23 | オーストラリアの野鳥

セイタカコウとコクチョウ

c0047906_220514.jpg
 「ケアンズの野鳥」編。ミッチェル湖で撮影したセイタカコウとコクチョウなど。セイタカコウは先に紹介した大型のサギ類だが、それよりもさらに大きな白鳥の仲間のコクチョウ。図鑑によれば110-140cmもあるそうだ。

 この動画にはいろんな鳥が映っており、その対比がよくわかる。一番手前にオーストラリアセイタカシギ、次はセイタカコウで一番奥にコクチョウが見える。そのそばにカモが小さく見えるので、コクチョウがいかに大きいかよくわかる。(動画はここをクリック

 大股に 湿原をゆく セイタカシギ 親追う雛のごと カモの歩む
 ミッチェル湖に 大型小型 野鳥群れ 水に浮くあり 啄ばむも見ゆ
 大型の コクチョウら浮かぶ 水の辺に カモの小さき あまた群れいて

                       引地貞子(那智勝浦町)

ミッチェル湖
人気blogランキング ←今日は何位かなあ?
[PR]
by ja3cf | 2005-07-26 22:18 | オーストラリアの野鳥

開設1周年!

c0047906_624381.jpg
 「Let's Videsco!」の野鳥ビデオブログを始めて今日でちょうど1周年。野鳥撮影に興味を持っていろんなウェブを見た。画像ウェブが多いのに動画配信をしている人がごく僅か。しかも、ブログでビデオを見せているところは殆ど見つからない。それならニューカマーながら手持ちのビデオを見てもらおうかという軽い気持ちで始めた。

 しかし、先輩の一言がきつかった「ブログはウェブ日記だから毎日書くんだよ」と。「よし、野鳥に興味の持っている間はガンバロー!」。おかげで多くの皆さんに支えられて何とか1年間続けられた。その上、友人・引地貞子さんが短歌を毎回詠んでくれることになり、他に例のない多彩なブログに成長してきた。常連もでき、その人たちから癒しのページとして毎日楽しんでいると
嬉しい便りが届いている。

 最近の悩みは近場のフィールドだけで行動範囲が狭く、目新しい鳥が映せないことだ。しかも、夏場は野鳥の姿がめっきり少ない。そこで友人と相談して今年もケアンズに行こうということになった。ここの野鳥の密度はすごい。野鳥の楽園の中に人が住んでいるのだ。昨年参加したツワーはほんとにいい仲間の集まりで、楽しい海外旅行となった。それで同じ行くなら昨年のメンバーも多く参加するこのツワーに決めた。

 このツワーのいいところはまずデジカメのパイオニアである石丸喜晴さんが講師であること。今回のケアンズの講師は女流デジスコ野鳥カメラマン大島志のぶさんとなっているが石丸さんも参加されるそうだ。その上ツワーコンダクターの山本さんはワカセミ写真家という多彩な先生方なのだ。

 今回は関空出発もできるようになり、西日本からの参加も便利になった。皆さん、私たちと一緒にケアンズに行きませんか。デジスコユーザーでなくとも機材を貸してくれることになっているので、入門者も大いに歓迎とのこと。詳しくは次のウェブを見てね。「JTB野鳥との出会いの旅」

  日々更新に 意欲燃やしつつ 一周年
                 応援の友らの 笑顔浮かびく
  ケアンズは 野鳥の楽園 友人と 再びの旅 約束したり

                    引地貞子(那智勝浦町)

人気blogランキングへ
[PR]
by ja3cf | 2005-07-24 06:53 | 【特別編】

コサギの飛翔

c0047906_14455272.jpg
 昨日紹介したコサギが一斉に飛び立った。最初はピントが合わなくてスコープのリングを回しながら追っかけて合わせた。ビデスコ(デジスコ)では自動ではなく、スコープで主な焦点を合わす必要がある。あるところまで追い込むとカメラのオートフォーカスが効いて合焦する。

 飛翔も集団で、旋回しながら移動している。自宅に帰ってから再生してみたらなんと50秒も追尾ができていた。これは私の飛翔撮影の最長記録となった。ここではその一部をお目にかけよう。(動画はここをクリック

  白鷺の いっせい飛翔50秒 撮影記録 最長となりぬ
  山並みに 映えて群れ飛ぶ 白鷺の 統(す)ぶるがありて
                        にわか向き変う

                     引地貞子(那智勝浦町)

人気blogランキングへ ←クリックだけで投票・よろしく!
[PR]
by ja3cf | 2005-07-23 15:24 | サギ科

コサギの集団

c0047906_22515496.jpg
 昨日コサギを1羽だけ見たが、翌日その近くのフィールドに行くと20数羽の集団で観察できた。この後、近くを人が通り驚いて飛び去った。ビデスコ(デジスコ)で飛んでいる野鳥を追っかけるのは難しいのだが、久しぶりに長く追尾ができた。それは明日お見せしよう。(動画はここをクリック

  紀の川の 葦のあわいに 白鷺の
              あまた群れおり 白浮きたたせて

                    引地貞子(那智勝浦町)

人気blogランキングへ
[PR]
by ja3cf | 2005-07-22 23:14 | サギ科

コサギ1

c0047906_23324445.jpg
 白鷺は大きさによって大中小と3種類に分類されている。今日紹介するのは真ん中な大きさのコサギ。紀ノ川の河岸でアオサギの集団に1羽だけ混じっていた。

 動画はDVカメラ(GS400K)でワイド撮影した。よく見ると左端のアオサギは、冠羽と首羽を立てている。こんな動作を見るのははじめてのことだ。 
動画はここをクリック

  青鷺のなかに ひときわ色映ゆる 白鷺歩む 紀ノ川の水辺に
  ゆかし潟の 岩の上(へ)に立つ 青鷺の 
                身じろぎもせず 今日も一羽で 

                    引地貞子(那智勝浦町)

人気blogランキングへ
[PR]
by ja3cf | 2005-07-21 23:40 | サギ科

ウミネコ1

c0047906_22143053.jpg
 どこの海岸でも一年中よく見ることができるカモメ類のウミネコ。これはふるさとの海岸で撮影したのだが、ここでは鳴き声は記録できなかった。名前の由来はミャーオとかアーとか猫の声に似ているところから付けられた。

 カモメと似ているがウミネコのほうがくちばしの先が黒い。それにカモメの足がピンクがかっているが、こちらは黄色っぽい。(動画はここをクリック

  片方へと 流るる波の 煌めきて ウミネコの群る 羽づくろいしつつ
  歌に詠まるる ウミネコの声 奇異にして 青き海原 ひるがえり飛ぶ
                        引地貞子(那智勝浦町)

人気blogランキングへ
[PR]
by ja3cf | 2005-07-20 22:29 | カモメ科